| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
<過ぎてゆく日々のこと>のまとめ 6/27−7/01 2020   15:35
モリアオガエル
★ 6/27<過ぎてゆく日々のこと> 
昼は鈴を鳴らすように鳴くカジカの声が美しい。
夜になると木を打ち付けあう楽器のようなカエルの声が窓から入ってくる。
声の主は何者なのか、懐中電灯を持って庭の木立ちのなかを探した。
ツツジの枝に吸着盤のような足指をひろげた緑色のカエルがいた。
ガマガエルよりは小さくアマガエルよりは大きい。
懐中電灯で正面きって照らしてもたじろがない。カメラを持って戻ってきても同じ場所にいた。
写真を検索して奴がモリアオガエルと判明した。本棚の片隅のフィギュアのモリアオガエルは
背中に斑模様がなかったが、ネットには斑模様のものも紹介されていた。
今年も庭の水道の汚水溜めにお菓子の淡雪のような卵を産むんだろう。〆G撮影した本物モリアオガエル、去年の卵、フィギュア。6-20-2、6-19-1


隕石ノナイフ
★ 6/29<過ぎていった時代の話> 
世界中の国がみんな門戸を閉ざしてしまった。こんなことは明治維新以来一度もなかった。
日本の政府は外人観光客を増やすよう策を練り、観光地では民泊やら名所の開発に力を注いだ。
それが全部水泡に帰した。どういう時代なんだろうと思う。
旅行してきた国や都市が思い浮かぶ。そこでの都市は女性風人格をおびているのが不思議だ。
だからぼくらは都市に恋をしているという。
東京には50年暮らしていても愛着はなく思い入れもない。
長めの旅行から戻っても、帰ってきたという感慨を抱いたことがない。
でもこれがカトマンズとか、インドの都市、バリ島の町、アメリカ南西部のいくつかの町となると、
とても恋しく感じられるときがある。ほんとうはそんなことはないのだが、
イメージのなかの都市は女のように腕を広げ、柔らかな胸に旅人を抱きとめてくれる。
そうやってダージリンやマドウライ、ウティ、などのインドの町を懐かしむ。
(写真は隕石のナイフのブレード部分)


隕石ノナイフ
★ 7/01<鉄鉱石のイロハのつづき> 
机横のレターケースに十数年来いれたままになっている細身の切り出しがある。
墨流しのような模様がナイフの全面に浮かんでいて、
自分好みの比喩では全身に刺青(いれずみ)したマオリ族の戦士を彷彿とさせる。
こうした模様の入った刀剣はマニアの間ではダマスカス鋼の名で知られている。
けれどこのナイフはただのダマスカス鋼ではない。
特殊性は、鉄隕石の一種ギベオンメテオライトが練り込まれていることにあって、
その比率は鋼鉄65%に対してギベオンメテオライト35%という。隕石を鍛えたナイフだ。
ダマスカス鋼は本来の名前をウーツ鋼といい、紀元前6世紀に南インドで開発され、
世界各地に輸出されるようになり、その後、
シリアのダマスカスで刀剣などが製造されるようになった。
たたら製鉄ではなく、るつぼによる製鉄という。
インドは古来、すぐれた製鉄技術を誇り、デリー郊外のクトゥブミナール(巨大な石造建築)の
庭に飾られた鉄の柱は1600年以上経ったいまもさびないとされている。
若かった頃この鉄の柱を見物にいったことがある。
ダマスカス鋼の刀剣は切れ味の鋭さで有名で、絹のハンカチを刃の上に落とすと、
ハンカチ自体の重みのゆえに半分に切れると伝説されてきた。6-20-2
| 過ぎてゆく日々のこと | comments(0) | - | posted by YK
<美人生霊アイス・11> 夢見の練習   10:13
ふたつの石ころ
■<美人生霊アイス・11> 夢見の練習 
(6月19日のつづき)
厳密にいえば夢見は眠ってみる夢と同じではない。催眠誘導に似ている。
任意の風景や事物を夢想する。テレビで見る風景と同じように映像を見られるようになったら、
そこへと入っていく。明晰夢のリアリティと同じほど夢見にもリアリティがなくてはならない。
ここでのリアリティに比べたら日常生活の現実感はお湯割りしたワインのようなもの
といっても差し支えない。
夢見をして、崖を瞑想すると、峠を超える曲がりくねった道が見えてきた。
頂上近くに見晴らし台があった。背後は石窟寺院の遺跡で、鉄柵で囲われたなかに、
密教初期の三尊形式の石仏がほぼ無傷で残っていた。人の背丈の倍ほどの砂岩質の仏像で、
中央が釈迦如来、右に金剛菩薩、左が蓮花菩薩、唇の端をあげた笑みに婉然としたものがあった。
車が方向転換できそうなほどの見晴らし台の端には崖すれすれに勇壮な枝振りのジャカランタが
1本あるきりで、手摺もガードレールもなかった。
200メートルだか300メートルだか崖の深さを目測するのは難しい。
眼下には樹木の少ない荒野がひろがり、石造りの村落を望遠できた。
雲ががなげかける楕円形をした影が2つ3つ左から右へ大地の上を這っていた。
影は輪郭がくっきりしていて太陽が型紙を切り抜いて遊んでいるかのようだった。
サルスベリの花を藤紫に染めなおしたかのようなジャカランタの花を見上げて、
幹を片手で抱くようにして崖の端に立った。セミがうるさいほど鳴いていて、
耳の回りでサラサラとした音の編み物が織られていた。
こうした夢見を何度か繰り返してから、夢見のなかへとアイスを招いた。
アイスはぼくに憑いた。鳩時計のハトをふたつ胸に納めたような按配だった。
ジャカランタの崖に立って飛び下りることを考えると胃が縮んだ。
どうしても生きていたいわけではない。この星に未練があるわけでもない。
けれど死にたいわけでもない。ここから墜落するのはさぞ痛いだろう。痛いのは嫌だ。
そんなことを思った。
夢見のてほどきをしてくれたのは茜だった。トカゲの仙人の好意あってのことだった。
「もう飛んでも大丈夫と思うよ。いざとなったら、わたしが全力で山本さんを支える。
飛ぶのになれているし」」その日いっしょに崖の縁に立ったときアイスが言った。
こんなに恐ろしいことをしなくてもいいのではないかと思った。
どうしても御神体水晶を見たいわけではない。やっぱり怖いから、御神体探しは別の日にすると
アイスに言えばこの話はこれで終わりになる。
そう思った途端に足下が崩れた。ばらばらと足下の地面がなくなっていった。
ジャカランダの木が傾いで腕から離れた。右足が空を踏み、叫び声をあげたかあげないうちに
身体が虚空を落ちていった。何か触れるものがあってそれにしがみついた。
意識が消えてゆく感覚のなかでそれがアイスの手であることがわかった。

| 日本翡翠情報センター | comments(0) | - | posted by YK
<鉄鉱石のイロハ> 磁鉄鉱・黄鉄鉱・褐鉄鉱、その2  10:12
パイライト
<鉄鉱石のイロハ> 
マグネタイト(磁鉄鉱)は化学組成がFeFe2 O4(鉄+鉄+酸素)、
ヘマタイト(赤鉄鉱)はFe2 O3(鉄+酸素)、両者が酸化鉄であることがわかる。
高温で酸素を分離させれば還元されて鉄が取れる道理だ。
酸素を硫黄と置き換えるとFeS2となって、鉱物名がパイライト(黄鉄鉱)。
山師初心者が金と間違えやすい色合いをしているので「アホの金」とよばれたという。
低品位のパイライトのなかには硫黄分が硫酸化したものがあって、
紙箱に保存すると紙箱がボロボロになる。
趣味の範囲ではパイライトは火打ち石になる。乾燥させた苔や、灸に使うモグサを用意して、
パイライトとメノウやジャスパーを叩き合わせて飛んだ火花を受ける。
大急ぎでもぐさに火を移すことで、火が起こせる。
パイライトの中にはエッジの鋭い直方体のものがある。
まるで工業製品のようで不思議なことこの上ない。
写真はキュービック・パイライト(直方体結晶) 3-20-2、


リモナイト
<鉄鉱石のイロハ> 
褐鉄鉱(リモナイト)は鉱物学的には針鉄鉱(ゲーサイト)や鱗鉄鉱(レピドクロサイト)の
集合体という。組成は酸化鉄に水酸基が加わった形。
褐鉄鉱のなかには、鉄分を代謝するバクテリアがつくるものもあることに、大きな関心がある。
このバクテリアはエネルギー生成に用いた残りの鉄分で自分の外殻を作る。
ひとつひとつは細菌サイズでもたくさんが積もれば目に見える形になる。
植物の根の回りに筒状に発達したり、泥を囲むようにボール状に発達したり、
ときにはオブジェのような構造物となる。
筒状のものは高師小僧(主要産地の愛知県豊橋市高師ケ原に由来する)と呼ばれ、
ボール状のものは、鳴る石、鈴石、壺石という。
これらの多くは産地で天然記念物扱いされている。
鳴る石の内部の粘土は漢方では「禹余糧」とよばれ、万病に効く鉱物薬とされてきた。
岐阜県土岐市近辺で採れる壺石は、小石が接合されて礫岩状になっている。
どろどろの粘土のなかで長年月かけて褐鉄鉱が発達すると、
人為的な構造物のような形状になるものもある。写真は高師小僧、6-20-1


リモナイト
<鉄鉱石のイロハ> 
褐鉄鉱はどこにでもある。油膜が浮いたように見える沼や、
もっと身近では古くなった水道管の中で、いまも生産されている。
褐鉄鉱は陶器の原料に含まれてもいる。
褐鉄鉱を含む黄赤色の粘土を古くは「はに(埴)・はにゅう(埴生)」とよんできた。
埴輪(はにわ)の埴で、埴生の宿は、元来は埴生の土間、板張りの床のない堀っ建て小屋をいった。
それが転じて貧しい家を意味するようになった。
褐鉄鉱は低温でも灼熱させられる。赤く灼熱したものを鍛練すれば、
たたら製鉄よりはるかに低温で鉄器を作れるという意見もあるが、
考古学の本流からは無視されている。
鉄はさびやすいので、遺跡が残りにくいということがあるようだ。
鉄がいつから日本で製鉄されるようになったか、
どのような方法で製鉄されたかは不明の部分が多いようだ。
人間だってアパタイトを主成分に骨を作るからそんなに驚くことはないのだが、
バクテリアたちがひっそりと鉱物を作っているというのは、自分流に魅力的な風景と思っている。
写真は泥を囲んで発達した褐鉄鉱。
| 日本翡翠情報センター | comments(0) | - | posted by YK
<鉄鉱石のイロハ> 磁鉄鉱・赤鉄鉱・黄鉄鉱、その1  11:28
マグネタイト
<鉄鉱石のイロハ> 
先日のヒヒイロガネついでに鉄鉱石の話。鉄の歴史に興味を抱いて、
他の一つは生物が鉱物を作るバイオ・ミネラルへの関心もあって、
マグネタイト(磁鉄鉱)・ヘマタイト(赤鉄鉱)・パイライト(黄鉄鉱)・リモナイト(褐鉄鉱)
などの標本を集めてきた。でもこれらの鉱物は背景の物語を知っていないと、
薄汚くて重いだけで、おもしろくもなんともない。
鉄は地表のどこにでもあって、たとえば近くの公園の砂場に磁石を持っていけば
容易に砂鉄を採集できる。磁石に付く鉄は磁性を帯びていて磁鉄鉱とよばれている。
(通常の黄鉄鉱や赤鉄鉱は磁石を引き寄せない)。
地殻深くでマグマがゆっくりと冷え固まって火成岩ができる。
磁鉄鉱は火成岩に含まれていて、これら岩石が風化して砂になるとき、磁鉄鉱は砂鉄になる。
鉄は比重が重いので川の蛇行や海流のせいで一か所に集められやすい。
地質学的な時間のなかで砂鉄が岩に戻っていくということもあるんだろう。
写真はひとまず磁鉄鉱の結晶。黄鉄鉱が六面体になるのに対して磁鉄鉱はピラミッドを上下に
重ねた形、スピネルと同様の8面体になる。ヘマタイトの結晶はアイアンローズとよんで
花弁状に発達することがある。鉱物ではちょっとの違いが大きな差になる。


天鉄(餅鉄)
<鉄鉱石のイロハ> 
日本の鉄の歴史は、自国で鉄を生産できるようになって以来、ずーっと砂鉄が中心で、
鉄鉱石からの製鉄は例外的存在だった。江戸時代にタタラという足踏み式のフイゴが発明されて、
製鉄はタタラ吹き一辺倒になった。
明治維新を契機に南蛮式の製鉄技術が入ってきて、岩塊状の磁鉄鉱や他の鉄鉱石も
使用されるようになった。磁鉄鉱の鉱脈が崩れて、鉱石が川流れしたものを餅鉄とよんでいる。
川で擦られて丸まり、形状や肌合いが丸めた餅に似るからという。
前述したように同じものが新疆ウイグル自治区でも採集されていて天鉄という。
川は長い年月の間に流路を変える。もとの河原や川底が荒野になる。
そうした場所に転がっている餅鉄は、見た目も重さも隕石に酷似している。
違いは切断して比べればわかる。
以前に天鉄を数十キロ購入して、これで勾玉を作ったら凄いだろうと、
香港の制作会社に制作を依頼した。古びた大根みたいにスがたくさん入っていて、
これでは大きな勾玉はカットできないと教えられて、計画が頓挫した事がある。
天鉄はパワーストーンとしては大きな価値がある。
写真は新疆ウイグル自治区の天鉄。6-20-1


ヘマタイト
<鉄鉱石のイロハ> 
ヘマタイト生成の由来を知ると、人に一生があるように地球にも星としての一生がある
ことがわかって感激してしまう。マグネタイト(磁鉄鉱)はおもにマグマに由来するが、
ヘマタイト(赤鉄鉱)は海水中に溶けていた鉄分(鉄イオン)に由来する。
おおまかに二十数億年前、地球は酸素の少ない惑星で、酸素呼吸する生物は皆無だった。
そこに炭酸ガスを吸って酸素を出すシアノバクテリア(藍藻類)という微生物が現われた。
何億年もかけてこのバクテリアは増殖に増殖を重ねて、地球を酸素の多い惑星に変えていった。
海水中の鉄イオンは酸化された。水より重い酸化鉄は海底に積もり、渚に打ち寄せられて、
ヘマタイトの地層を形成していった。
シアノバクテリアは、人類進化の引き金になったのと、人類に鉄を与えたのと、
二重の意味で人類の恩人だ。この微生物は粘液を出す性質があって、
海岸や遠浅の海で砂をからめとって塚を作る。鉱物愛好家にはストロマトライトの名で知られている。
写真はヘマタイト繊維状結晶 6-20-1

| 日本翡翠情報センター | comments(0) | - | posted by YK
<過ぎてゆく日々のこと>のまとめ 6/10−13 2020  09:32
いしころ
★ 6/10<過ぎてゆく日々のこと> 
蟻塚に何十万匹ものシロアリが暮らしている。不運なことに天敵に見つけられてしまう。
アリクイは毎日のようにやってきて、鋭い爪で塚を壊し、長い舌でアリをすくい取っていく。
アリクイに食われるアリにとっては一人ひとりがかけがえのない生命(いのち)だし、
食われて死んでいくのは苦しい。
群れているところが狙われやすいので、シロアリたちはなるべくばらばらになって暮らそうとする。
これを「新しい生活」という。穴蔵のような場所にたくさんの仲間が詰めかけて、
ポップスやジャズを聞いたり、蜜の味を堪能したり、肌触れ合う親密さを楽しんだりした、
そういう時代は戻ってこない。6-20-1(天然石ノジュール)


グリーンバーダイト
★ 6/11<過ぎてゆく日々のこと> 
「まれびと」という美しい言葉がある。稀(まれ)な人で、滅多に会えない人。
民俗学者の折口信夫によって学問的な用語になった。
海の彼方に常世(とこよ)の島がある。死者が集う国であり、神々が住まう国でもある。
ここでの神々は宗教の進化史では神の前段階なのだが、神ということにしておこう。
神は年に一度か二度、海を渡って人間たちの世界にやってくる。彼らがまれびとだ。
まれびとは村人に寄生する悪霊をこらしめ、村人を祝福して返っていく。
まれびと=神が顕現するのが 「みあれ」。
ひとつのイメージでは彼らは海竜のように海を渡ってきて河口から川に入る。
巫女がそれを受け止めて、村の聖域に鎮座する岩座(いわくら)に安置する。
岩が神の依り代(よりしろ)になる。
巫女はまれびとの一夜妻として、夜伽(よとぎ)をするように想像されているが、
そうではなくて、彼女は食事を勧めたり夜具を敷く接待役だ。
まれびとを迎え入れることもあっただろう。
日本に仏教が伝来したとき、最初の出家は女性だったが、
彼女たちは仏像に宿る外来の神の世話役だった。それに似ている。
そんなことを思いながら、勾玉を清流に浸した。
水に入れた途端に勾玉がピチッと跳ねたように感じられた。
6-20-1(グリーンバーダイト大勾玉)


水晶クラスタ
★ 6/13 <石たちの沐浴> 
窓辺に飾った水晶クラスターが何も語りかけてこなくなるときがある。
水晶クラスターが疲れているように感じられる、あるいは枯れたように。
神宿る石とあがめている翡翠原石が、道端にころがっている普通の石ころになってしまうときもある。
こんなときは水道の蛇口の下にクラスターや原石を持っていって石を洗う。
石を沐浴させるといったほうが似つかわしい。
石たちがちょっとばかり身震いして、ああ気持ちがいいという。
とてもせいせいしたという表情を浮かべる。
石に気持ちを重ねるなら、沐浴する原石やクラスターといっしょに自分の気持ちも洗われて、
すがすがしく、癒されていくのがわかる。
その「自分が癒されていく」という感じを忘れないようにする。
自分という殻を脱いで、解放される味わいをしっかりと評価するなら、
いまよりもっと豊かな意識の状態があることがわかってくる。そうやって人は脱皮していく。
(HP「水晶クラスター」に新着製品を15点掲載しました)。6-20-1  0344 0344 0377
| 過ぎてゆく日々のこと | comments(0) | - | posted by YK
<新着製品>日本翡翠ギョロメ勾玉、水晶クラスター、フローライト  10:50
ギョロメ<新着製品> 
日本翡翠ギョロメ勾玉30mmを5点、「日本翡翠勾玉/丁字頭・ギョロメ」に新規掲載しました。
濃い青緑色が4点、黒翡翠系が1点、いずれも入手しずらい色合いの勾玉です。
歌舞伎役者がギョロメを剥くように、大きな眼の勾玉は邪(よこしま)なものを射すくめて
退散させる魔除けの勾玉です。眼の大きさは意味あってのことで、
制作会社が、こんなに眼を大きくしたら石が割れてしまうというのを、
日本翡翠だから大丈夫! と制作してもらいました。
翡翠は繊維状結晶が交互に組み合わさっているから、硬度は水晶なみでも、
靭性(じんせい、ねばり強さ)が大きいのです。
ヒスイは国の石、神話で語られているように、勾玉は強力なパワーを自分に付着させて
パワーアップするためのパワーオブジェクト(物実・物ざね)、
他者の悪意から身を守るための守護石です。5-0-3


水晶ゥラスター
<新着製品> 
「アウトレット水晶原石/水晶クラスター」にペルー産、ブラジル産、中国四川省産などの
水晶クラスター15点を新規に掲載しました。どれも握り拳大で定価の半額、
扱いやすくお求めやすい価格です。
窓辺や机の近くに飾ったり、アクセサリー類の浄化や風水対策に活用できます。
水晶クラスターを手にこいつらはどうやって出来るのだろうと思いを巡らす。
何分か時が経つのを忘れるのであれば、「思いを止める」ということに気付けます。
視覚が変性されて、美しいものがさらに美しく見える。
そういう経験を積むのであれば、身の回りの風景がとても親身なものに思えてきます。
知ると知らないのでは大違いということがわかります。5-20-1


ヘマタイトクォーツ
<新着製品> 
アウトレットペ−ジの「フローライト」に2点、「鉱物原石」に3点、「水晶原石」に2点、
「ヒマラヤ水晶」に1点と、机回りにこぼれていた原石類を新規掲載しました。
ついでのときに開いていただければ、原石たちの以外な顔に出会えます。
青味のあるフローライトの上に白い花弁状のカルサイトが密集した標本は、
人間を驚かせてやろうなどと彼らは考えなかっただろうけれど、絶妙の色彩バランス。
天才か奇跡の技と感嘆します。
ヘマタイトクォーツは酸化鉄の赤い鉄錆色した被膜がべっとりと水晶を覆っています。
土器や土偶にベンガラを塗ってパワーアップを願った縄文人を連想して、
赤いパワーの力強さにうたれます。
| 新着製品更新記録 | comments(0) | - | posted by YK
<美人生霊アイス・10> 一緒に御神体を探しに  09:42
紅山文明
■<美人生霊アイス・10> 一緒に御神体を探しに 
(6月8日のつづき)
「二人でいくことについて彼女は何か言っていなかった?」「やっぱりね」
「えっ?」 「この話を山本さんにすると、彼も行きたがるだろう、とおっしゃっていたわ。
山本さんはまるっきりの水晶フリークだから。
そうしたら男を捨てて女にしがみつけば行けるっていいなさい。これってダキニの秘法だって」
「そんなことをいったの」
「あの人は男の見栄が捨てられない。女は男を連れて飛ぶ、そのことがわかっていながら
、女にしがみつけないの。いっしょに旅に出ればちょうどいい修行になるわ、だそうです。
どういうこと?」 (以下7行校正中)
「それで彼女とは親しいの?」「アカネさんのこと?」「ええ」
「幾らかは。だけど、いっしょに行くには、自分も幽体離脱しなきゃいけないってことだよね」
「その答えも聞いているわ。夢見をして崖から飛ぶとおっしゃっていた。どういうこと?」
「アカネさんとのこと?」「いえ、夢見の話」
「ああ、夢見ってのは、なるべくありありと特定の景色や場所、人を瞑想のうちに見ることをいう。
仙人たちはそこに梯子をかけて夢見した景色に入っていくんだ。
梯子ってのは比喩で、紐で結ぶといってもいい。呼吸法をして意識を変性させることでそうできる。
話には聞いているけれど、自分ではやったことがない」
「幽体離脱に似ている」
「そうだね、訪ねる場所を意図して幽体離脱するということかな。
仙人やアカネさんたちと交流できるといっても、向うから来る信号を受けるだけだから、
彼らが何もいってこない以上、自分でトライするしかない。
つまりは修行しなくちゃならないということで、これは大変なことだ」
かつて塩山の近くには一抱えもあるほどに大きな水晶を御神体とする神社があったという、
それは盗難されていまはない。昇仙峡の奥には水晶球を御神体とする神社がある。
アイスの話はそういう即物的なものではなく、霊的な世界での象徴的な何かなんだろう。
御神体水晶を探す旅は、オオクニヌシがスサノウを訪ねて黄泉の国にくだったような、
霊界への旅ということなんだろう。アカネさんが知っているということは、
彼女は見たことがあるということで、帰ってこれたわけだから、帰ってこられるんだろう。
(写真は夢見の世界の霊鳥)
| 日本翡翠情報センター | comments(0) | - | posted by YK
| 1/186 | >>