| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
<チャクモールとナムイキ> 中南米に残されたパワー伝授の秘儀 08:49
トゥーラ
<チャクモール> 
枕を二つ重ねにして背中をおこし気味にして仰臥する。両膝をそろえてくの字にたてる。
チャクモールというマヤやアステカ文明の彫像に似た姿勢になる。
中米古代文明ではこの石像の上で生け贄を太陽神にささげる儀式を行ったという。
現代基準でみるなら彼らの宗教は狂気そのものだった。
メキシコシティの郊外にあるトルテカ文明の遺跡、トゥーラのピラミッドでこれをみて
神官の瞑想の姿勢だと思った。自分ではさほど重要と思っていないが、この姿勢は幽体離脱を誘う。
中米古代文明ではテオナナカトル(神の肉)と呼ぶ向精神性植物の摂取が盛んだった。
神官・呪術師にとって幽体離脱や異界への旅といったビジョン体験はたやすかった。
早朝に目覚めた日など、チャクモールの姿勢で呼吸法すると気持ちが凪ぐ。
このやり方は心の葛藤をなだめる、不定愁訴や自律神経失調症に効果が高い、
鬱病の治療にもいいだろう、と書いても実際に試みる人は少ない。


トゥーラ
<チャクモール2> 
早朝に目覚めた日などの布団のなかでの瞑想は、気付くと死の予行演習に似ていると思う。
チベット密教にはポアという頭頂から魂を抜け出させる死の予行演習があるが、
ああいったふうに過激ではない。
身体は渚に打ち上げられたクジラのように横たわり、意識は静謐さのうちに凪いでいる。
無念無想というわけではないけれど、意識が枯れて死んでいくときもこんなふうに静かなんだろうと思う。
悔恨もなければ未練もなく希望もない。喜びはないが哀しみもまたない。
病気で死の瀬戸際にいたり、老衰の境にあって死をこわがっている人たちに教えてあげるといいんだけれど、
ぼくは彼らの近くにいたいとは思わない。ホスピスや老人介護の現場で必要とされる知識ではある。
こういうのは教える側が体験としてそれを知っていることが大事だ。
 

トゥーラ
<ムナイキ> 
ムナイキをネットで見ると古代インカのパワー伝授の儀式とか、レイキに似ているとでている。
パワーストーンやパワーヒーリング的にはてのひらの中央に「気」の穴を開けると
「気」が出やすくなって、他者ヒーリングしやすくなる。
たとえば首の後ろや胸の中枢から一気にたくさんの気を相手に注ぐと、相手の意識の状態を変えられる。
変性意識へと導きやすくなる。
ヨーガにはもっと強烈なパワー伝授法があってシャクティパットという。
小さなマイブームと紹介した貝紫もヒーリングパワーの色。
古代アンデスからも貝紫染めした布が出土している。
世界各地の古代文化がそうであったように、プレインカのシャーマンたちも
「色彩はパワーの眼に見える表現」であることを知っていた。
天然石のパワー効果的解釈は古代からの色彩心理学を頼りにしている。
色彩象徴を学ぶと天然石に隠された秘密を見れる。

| 過ぎてゆく日々のこと | comments(0) | trackbacks(0) | posted by YK
■<璧・ピーディスク> 小さな円盤が天界への通用門になる  9/15 2019 09:54
ヘキ
<ピーディスク・璧・1> 
机回りに幾つものレターケースが積んである。たくさんたくさんのプラスチックの引きだしのひとつに
石のドーナツのサンプルが集めてある。「ドーナツ」は香港あたりの天然石加工業者の用語で、
漢字では「璧(へき)」と書く。壁(かべ)ではなくて完璧の璧だ。
「璧(へき)」は中国語で「ピー(発音が難しい)」といい、英語では「ピーディスク」という。
現代の中国では「平安扣」というようだ。 
「扣(こう」は辞書を開くと「もたらす」という意味がある。
ピーディスクは気持ちが不安定なとき、表面を親指でこすると気持ちを安定させられると、
「タリズマンブック」みたいな翻訳書に出ていた。
璧は5千年ほど昔に長江下流域に栄えた良渚(りょうしょ)文明で編みだされた。
以後、周から漢の時代を経て、もっとも重要なパワーオブジェクトとみなされてきた。9-19-2


ソウ(大型)
<ピーディスク・璧・2> 
璧(へき、ピーディスク)は古代中国の良渚文明 (紀元前3500−紀元前2200頃)で最初に作られた。
良渚文明は北の紅山文明とならんで玉器発祥の地と目されている。
ここでの璧はソウ(後述)や鉞(エツ、磨製石斧)ともに3種の神器とされていたようだ。
周の時代になると「璧は天を治め、ソウは地を治める」といって、
君主が貴族の男性には璧を、女性にはソウを与えたという。
紀元前100年ほどに築造された古墳、馬王堆漢墓(湖南省長沙)からの出土品をみると、
璧は大空に開けられた通路であることがわかる。
人間が目にする大空と、神々や仙人が暮らす天界をつなぐ 「穴」が璧に象徴された。
壁からは単純な形であっても五芒星や六芒星よりもっと大きな意味を読み取れる。
良渚文明は他人の土地の歴史のようだが、ここらあたりから水田稲作の民は、
山東半島や朝鮮半島を経由して日本列島に移民してきたことを考えるなら、
長江下流域はご先祖の土地ということになる。不本意な人がいるかもしれない。 9-19-3


石斧
<ピーディスク・璧・3> 
玉器(ぎょっき)文明発祥の地、良渚では璧(ヘキ)とソウと鉞(エツ、まさかり、磨製石斧)が
三種の神器とされていた。古代社会では戦争の頭目と、政治的な酋長と、
神祭りを司る呪術師の3つ権力に別れていて、統合することで君主が登場してくる。
ここでは石斧は軍事力を、璧は天空の象徴であることから民を統御する政治力を、ソウは祭祀権を象徴した。
ソウはおおむね四角柱で中央に円柱形の穴があけてある。
四角柱外側の刻み目は階層状の天界を表すという。形状から女性象徴として扱われた。
周から漢へと時代が移り、鉄器が使用されるようになっても、
璧・ソウ・鉞の玉器はパワーを育む法器として伝承されていった。
古墳・奈良時代とヤマト王朝はあんなに熱心に中国文化を模倣したのに、
玉器は日本列島に流行しなかった。
これらは中華周辺の蛮族に渡すものではないと、中国の権力者たちが思っていたのだろう。
当時の日本人は文献にみる「玉(たま)」にあこがれながらも、
何が「玉(ぎょく)」であるかを知らなかった。9-19-3

| 過ぎてゆく日々のこと | comments(0) | trackbacks(0) | posted by YK
<子天狗玄太>「お話しできる人に会いたかった」と生霊がいった  10:40
アサガオ
<子天狗玄太>  
山の家への道はバスを降りて、木造2階建てで青いペンキ塗りのレトロな郵便局を過ぎたさきで街道をそれる、
あとは渓流沿いの田舎道となる。街道との辻のあたりで人の気配を左肩に感じた。
誰もいないことはわかっていたが、気配を追うと若い女性がいた。
落ち着きぶりから推測するに30代ほどだった。
「少しのあいだ、ごいっしょしていい?」彼女が言った
「幽霊なの?」ぼくは訊いた。
「もしそうなら、ぼくのところじゃなくて、ちゃんと成仏させてくれる能力者を訪ねたほうがいい」
「そうじゃないの」「キツネ、タヌキがからかいにきてるのか?」
「そうじゃないの」「じゃあ生霊とか?」
「寂しかった。お話しできる人に会いたかった。近くに寄っても気付いてくれる人はいないし、
それにあなたは頭のてっぺんからオーラを吹いていた、女の子が短い髪を頭頂で結んでいるみたい」
そうやってぼくらは知り合いになった。ほぼ毎回、彼女はバスを降りたぼくに寄り添い、
家の近くの橋の入り口までいっしょに歩いた。彼女の出迎えがないとやるせなくせつなかった。
彼女は中央沿線の病院に入院していて、難しい名前の難病をわずらっていた。
意識と身体が分離しているようで、意識はあっても会話はできず、身体を動かすことができなかった、
もうじき死ぬんだよ、きっと、と彼女はいった。
夢で幽体離脱することを覚えた。自分が天井近くに浮かんでいて、ベッドに横たわる自分を見下ろしていた。
それをきっかけに身体を離れた魂が病室からでられるようになった。
陣馬山のほうに来るようになったのは、ハイキングに来て、ここが好きなったからだった。
健康だったころはひとりでときどきこのあたりに散歩にきた。
そんな話を仙人にした。生霊に憑かれることで生気を失うということであれば、
その程度の気力の喪失は自力で回復できると。
こうした次第で仙人と知りあったが、彼はパッと現れてパッと消えるのが常だった。
それに会話するのが面倒でじれったげだった。
書籍で5、6ページほどの情報をいっきょに送り込んでくる、そういう荒技が得意だった。
仙人とあって2ヶ月ほどして彼女がぼくを待っていることはなくなった。
きっと死んでしまったのだろう。いくら焦がれても、いなくなってしまったものはいたしかたがない。
| 日本翡翠情報センター | comments(0) | trackbacks(0) | posted by YK
小さなマイブームは忽然と貝紫に染まっている  22:31
貝紫
<貝紫・1> 
小さなマイブームは忽然と「貝紫」。貝紫は特殊な貝の分泌物を使って紫色に染めた布。
紀元前の地中海地方では君主の独占物だったので帝王紫という人もいるし
、染色法が断絶したので古代紫という人もいる。
貝紫は神々のパワーを凝集した色だった。
「色彩はパワーの眼に見える形」という世界観では
、貝紫染めの布を身に付けるということは、パワーを着るということだった。
いずれのおんときにか、というような時代、
お客さんからの電話でエレスチャルなどについて話していた。
彼女は古い裂(布切れ)のコレクターだといい、
道端に古い布団が捨ててあったりすると大騒ぎすると言った。
そういうことならということで、インドネシアのバティックやインドの型染めに興味があるが、
とてもそこまで手を広げられない、
それに貝紫だけは一度実物を目にしたい、というような受け答えをした。
そうしたら彼女は手元にある貝紫をくれるという。結局はエレスチャルかなにかと交換したと思う。
以来幅30cmほどで長さ1mほどの布を大切にしてきて、いまも紛失していない。
貝紫がいかに神秘か、いくらかでも内容を知ったら、もう紫色について無関心ではいられない。


<貝紫・2> 
貝紫は紀元前の地中海文明フェニキアで発見発明されギリシャ・ローマ帝国へと受け継がれていった。
原料のアッキガイはナポリ、クレタ島などで採集できたという。
クレオパトラの船には貝紫で染めた帆が張られ、金銀で飾られていた。
マケドニアのアレキサンダー大王はこの色を独占して天幕を染めたともいう。
「エジプト・ギリシャ・ペルシャ帝国・ローマ帝国・東ローマ帝国へと広まり、長く受け継がれ、
常に高貴な人々の衣服を彩って、帝王紫と崇められた」とか、
「1453年コンスタンティノーブル陥落によるビザンティン帝国崩壊とともに失われた」など、
とネットにでていた。西洋で断絶したアッキガイによる赤紫色の染色技法は、
古代アンデス文化でも知られていた。その技法はメキシコのオアハカ州にいまも残っている。
自分が所持しているのはこのオアハカ製のもので、
資料には同じ図柄が原始的な織り機で手織りされている写真がでていた。
(『帝王紫探訪』吉岡常雄、紫紅社、1983)8-19-1


<貝紫・3> 
紫染めに使う貝はアッキガイ(アクキ貝)科の貝で数種類が知られている。
大きなものはてのひらほどのツノガイ風、小さなものは写真を見ると親指大で巻き貝の姿、
磯の岩に張り付いている。これらの貝にはパープル腺という器官があって、
分泌する毒液で敵を撃退したり、獲物を麻痺させたりする。
たとえば餌にするカキにとりついてパープル腺の分泌物を注入、
カキが痺れるのを待って捕食するという。
陸上ばかりでなく、海にも空にも生物が平穏に暮らせる場所はない。
そしてこのパープル腺分泌物はもとは乳白色だが、紫外線に触れると紫色に変化するという。
アッキガイをつかまえ、パープル腺を取り出して糸にこすりつけることで糸を染色できる。
あるいはパープル腺分泌物を丹念に集めて、不純物を除去することで染料を作ることができる。
1個の貝から取れる染料はごく微量で、「1gの染料を得るのに2000個の貝を必要とする」とか、
ネットには「Tシャツ1枚染めるのに1500〜15000個の貝が必要」とある。
遠い昔には鍛冶師同様に色彩を操る染色家も呪術師の近くにいた。


<貝紫・4> 
貝紫は古代のヨーロッパや中南米だけではなかった。
日本では吉野ヶ里遺跡から、ごく小片で、それもだいぶ炭化しているようだが
貝紫で染めた布が見つかっている。いっしょに茜染めの部分もあるという。
吉野ヶ里遺跡の近くの有明海からはアカニシ貝というパープル腺をもつ貝が採集できる、
たくさんの貝殻も発見されている。
縄文・弥生・古墳時代には南の島産の貝輪が流行した。
貝輪といっしょに貝紫も伝搬してきたのだろうと想像している。
古代中国では長江下流域の河姆渡遺跡(かぼと、紀元前5000-4500頃)遺跡から
絹の使用を示唆する土器だったか玉器だかが発見されている。
絹は水田稲作といっしょに日本列島に運ばれてきたようだ。
染色の歴史に興味をもつと翡翠勾玉の時代、弥生・古墳時代がいっそう華やかになる。
古い時代の人々は色彩をパワーの目に見える様式と思っていた。
色彩を着ることはパワーを着ることだった。8-19-3

| 過ぎてゆく日々のこと | comments(0) | trackbacks(0) | posted by YK
<新着製品> スモーキークォーツ、シトリン、フローライト  08:54
スモーキークォーツ
<スモーキークォーツ>
「スモーキー」と張り紙のあるボール箱をあけてスモーキークォーツと対面した。
超顔つきのいい原石があって嬉しくなってしまう。
鉱物のうちでは水晶が一番ありふれている。鮒釣りにはじまって鮒釣りにおわるという釣りになぞらえて、
鉱物趣味は水晶にはじまり水晶におわるという。ありふれていても形状や色彩の多彩は群を抜いている。
どうするとこんなにいっぱい不可解な形や色で装うことができるのかと不思議でならない。
スモーキークォーツは結晶構造の欠陥部分に入りこんだアルミニウム・イオンが
放射線をあびて黒化することでできるという。
地球はどこへ行っても天然放射線があって、放射線を出す物質はことに花こう岩に多く含まれている。
だから黒水晶や茶水晶は花こう岩地帯に多く産出する。
拳(こぶし)サイズほどのスモーキークォーツをしばらく眺めていると、気持ちがなだらかになっていく。
なだらかになだらかになった底のほうに平安(シャンティ)がある。8-19-4


黒水晶
<新着製品> 
「水晶原石」に新規掲載の黒水晶ポイントの漆黒感には見過ごしがたい魅力があります。
黒い衣服を好む女性は、私に干渉しないで、でも私が好きな人にはもっと私を見てほしい、
というメッセージを衣服に託しているといいます。
黒水晶にも似たところがあって、この水晶を愛でることを覚えると、知識が黒に属していること、
古代の叡智の教授、秘儀伝授が暗闇で行われたことがわかってきます。8-19-4
(写真の黒水晶は売り切れました)

フローライト
<新着製品> 
「鉱物原石/フローライト」ページに「フローライト結晶8点」を新規に掲載しました。
イギリス産が1点、スペイン産が3点、ペルー産が1点、中国湖南省産が3点と
インターナショナルな構成です。フローライトはカルシウムとフッ素の化合物で、
カルシウムは石灰岩に、フッ素は花こう岩に由来する場合が多く、スカルンの鉱物として知られています。
地殻の上の方で結晶しやすいので、世界各地に有名産地があります。
産地ごとに形状や色合いが違っていて、同じ分子組成の鉱物でも
さまざまなバリエーションがあるというのは、人種や国ごとの文化と似ています。
自然界というのはゆきあたりばったりのようなところがあって、それが多様性のもととなっているようです。
フローライトはゼリーのようで硬質の物質でありながらも硬さを感じさせず、
こちらと異界との境界に存在しているような風情が魅力です。8-19-3
| 新着製品更新記録 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by YK
<過ぎてゆく日々のこと>のまとめ 8/28-29 2019   10:11
ヘミモルファイト
★ 8/29<真夏の7割引セール> 
画家が描きかけの作品を気にするようにHPがきがかりでなかなか手を離せない。
そんなに急ぐことはない、急いでも急がなくても結果に大差はない、
とわかっていてもやっぱりページ展開が気になって、「鉱物原石」は大と小のふたつに分けようとか、
「アメシスト」ページを作ろうとか、「日本翡翠原石バーゲン品」の掲載点数をふやさなくちゃとか、
あら、大変、神居古潭製品がほぼ完売、サンプルに残しておいた分を撮影、掲載しなくてはならない、
などなど、まるで嫁入り前の娘をもつ父親みたいだ。
「真夏の7割引セール」は9月8日まで、9日を過ぎると順次もとのアウトレット価格に戻していきます。
写真はヘミモルファイト原石、115mm/662g、¥38,000→7割引¥11,400。
握り拳大の原石がひとつふたつあるとコレクションがはなやぎます。


ギフトボックス
★ 8/28<過ぎてゆく日々のこと> 
山の家に行く道すがら駅の近くの100円ショップに寄った。
そこにこんな仕切りつきの木箱を売っていた。
ニスを塗ると渋くなるんだろうと思いながら、2つ3つを買った。
アメリカの地方都市のギフトショップには、内部に仕切りをもうけた小箱に、
トウモロコシやクルミや小麦など木の実、穀物を見た目よく詰め合わせた
インテリアグッズが売られている。
そんなイメージで手近にあったインド産の親指サイズの鉱物標本を詰めてみた。
中央にはやや目立つ鉱物を置いて、周囲にもっと色味がつけば、さらに可愛くなるだろう。
小さな鉱物標本の整理とか、机近くのお気に入りボックスに役立ちそうだ。
小さなミネラルショーでの集客効果も大。目を休めて、目を楽しませる、眼福。 8-19-3


オブシディアン
★ 8/29<過ぎてゆく日々のこと> 
猛暑の季節が終わって、真夏の空気に向かう気持ちの高ぶりがなくなり、
旅行を中断して帰ってきたような喪失感がある。
アドレナリンが減少しているんだろう、脳がフラットになって、
日常生活はもともと退屈な繰り返しなんだから、そんなにお祭りつづきということはない、
などといくからすねている。
『消えた平原ベーリンジア』(吉崎昌一・乳井洋一、NHKブックス、1980)という
40年ほど前に出版された本を読んでいる。
氷河期に海面が下がり、ベーリング海峡が陸地だった時期に、
シベリアからアラスカへモンゴロイドが渡っていって、アメリカインディアンや
中南米のインディオの祖先になった。
なかにはシベリアから北海道に渡ってきたモンゴロイドもいて原日本人の一部になっている。
古い時代の人間たちはみんなが旅人だった。017/1

| 過ぎてゆく日々のこと | comments(0) | trackbacks(0) | posted by YK
<翡翠類似石> 続・付加体では翡翠のほかにたくさんの類似石  10:21
シロヒスイ
<翡翠類似石・4> 
翡翠と類似石をめぐる四方山話はいろいろな鉱物名がでてきて目まぐるしい。
鉱物名を覚えるのに日本語と英語のどちらをとるかは人それぞれだが、
自分の場合は鉱物趣味の仲間は少なく、知人の大半は外国人ディーラーなので
英語名を知っていないと具合が悪い。
糸魚川市や越中宮崎のヒスイ海岸では、海水浴客がいなくなるとヒスイハンター(ジェードハンター)の
出番となる。いまではヒスイ海岸でのヒスイ採集はとても難しい。
余所者が着くころには地元のハンターが総ざらえしたあとだし、ヒスイの漂着量も減っているという。
ヒスイ海岸でアルビタイトやロジン岩をさがすには波打ち際ではなく、階段の近く、
ヒスイハンターが獲物を選別した場所を探すといいと聞いたことがある。
そこには翡翠類似石がかたまって捨ててある。なかには本物のヒスイやネフライトもまぎれている。
石の鑑別は一度迷ってしまうとわけがわからなくなって、
本物翡翠を捨てて類似石を後生大事に持ち帰る人がいる。
(写真はあばた模様の白い翡翠。140mm/2.40kg。ケイ灰石には白翡翠に似たものがある。
類似石だからといって価値がないわけではない)7-19-1


アルビタイト
<翡翠類似石・5> 
ずいぶんと昔、加工用の翡翠原石が手に入らなくて困っていたとき、
知り合いのヒスイハンターが、アルビタイトなら上質のものがあると連絡をくれたことがあった。
ともかくも見てみようということで50kgだったか60kg分を買った。
何を作ろうかと考えているうちに時間が経って、縁の下に突っ込んだままになっている。
そのうちの1個で23kgというのを取り出して庭先の水道でタワシでこすり洗いした。
とても立派な面構えに感動した。外側に濃紺色の脈がでている部分では、
ひょっとしたらルースが取れるかもしれない。
オンファサイトを含む濃紺色のヒスイ輝石ということになれば、
天地ひっくりかえるほどの大騒ぎになるだろう。
想像しているとどんどん本物っぽく見えてくるところが思い入れの、思い入れたる所以で、
石ヤはギャンブラー同様に妄想にとりつかれて見果てぬ夢を見る。一応値段を付けておくと約23kg/350mmで¥100,000。 8-19-1 8-19-3


姫川白玉
<翡翠類似石・6> 
ともかくもその石は真っ白だった。茹で卵の白身のように真っ白だったし、
テッポウユリの花のように真っ白だった。
地面の下は土砂や鉄錆でぐちゃぐちゃな色合いをしている、
そんなイメージの地中から、周囲の汚濁に一切染まることなく、
往古の染め織り職人が溜め息をもらすだろうほどに純白の石が見つかる。
そういうことがとても不思議だ。
最初この石は、糸魚川の業者から仕入れてきた翡翠原石に紛れていた。
自分のほうもそれに気付かずに勾玉などの加工にだした。出来上がった製品のなかに翡翠とは違う、
さらに純白の勾玉があって、翡翠とは違うものを翡翠といって売るわけにもいかず、鑑別にだした。
鉱物関係の研究所に依頼したら、珪灰石と長石が混合体との返事を得た。
アルビタイトと珪灰石が結び付けばそういう石ができる。
「姫川白玉(ひめかわはくぎょく)」とよんで愛玩した。
白い翡翠との識別はとても難しく、石の表面を睨むように見つめて、
ムーンストーンのようにぎらつく箇所があると、おそらくそれはアルビタイトなど長石類であろうし、
半透明のように見える箇所があるなら翡翠であろうし、全体が真っ白でどこにもテカリがなければ、
姫川白玉ないし珪灰石だろうと思っている。8-19-4
| 日本翡翠情報センター | comments(0) | trackbacks(0) | posted by YK
| 1/168 | >>