| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
<過ぎてゆく日々のこと>のまとめ 4/01-04 2020 10:31
ヒマラヤスイショウ
★ 4/01<過ぎてゆく日々のこと> 
きょうは終日雨模様。コンクリートのアパートの5階の窓から見る丘陵は小雨にけむっている。
常緑樹の暗い葉影、新緑が萌えでたばかりの落葉樹、薄紅色の花の塊となっている山桜、
どれもこれもが掏りガラスの衝立ごしにに見るように、乳白色のもやにかすんでいる。
ずーっと机の前に座ってキーボートを叩いているのは気が滅入りそうだからと、
つい先程から写真ストックの水晶を見ている。
彼らが日差しの下でキランキランしていたことを思い出す。
それは氷の塊のようだが精気がまるで違う。
3万年過去に戻って人気のない河原で、水晶に遭遇したぼくらのご先祖も、
そんなふうに感嘆したことだろう。彼らはせつないほどに美しい。
雨の中を近所のスーパーマーケットまで散歩に行こうかと思い始めている。261 3-20-1 549


★ 4/02<過ぎてゆく日々のこと> 
山桜の花弁が風に吹かれて散ってゆく。シジミチョウの群れが舞っているように見える。
強い風がふくと花弁は紙礫さながらに直線に走る。新緑は日増しに色濃くなっていく。
今年の冬は区切りなく終わってしまったようなところがあって、
春への心構えもできないうちに梅の花が咲き、近所の公園へ桜の花見にでかけた。
そういう春の初めの行事も終わっていく。世の中はコロナパニックで毎日がすざましい。
東京都の人口は1400万、そのなかでコロナウイルスの罹患者は600名ほど。
重症になるのは2割ほどで、死亡率は2%(この数値の信頼度は定かではない)。
虎の穴に入るような真似をしなければ、ヒットされる確立は宝くじにあたるのより小さい。
それでも宝くじは当たるかもしれないと期待して買う。
同じことで急性悪性肺炎で死ぬかもしれないと思うと、心穏やかでいられなくなる。
おまけに感染してしまうと、とてもたくさんの医療関係者の負担になる。
石たちを眺めて気持ちをやわらげることにしよう。


★ 4/04<過ぎてゆく日々のこと> 
まるで禁煙を誓った煙草店の主人のように、あるいは断酒を決意した酒屋のおかみさんのように、
空前前後の決意を胸にリビングの掃除をした。
山の家では男ヤモメ同然なのをいいことに、居間などは鉱物標本や平積した本が散乱して、
瓦礫が行く手を阻み、石クズが舞いちる荒野となっていた。
不要の文庫をボール箱に詰め、原石標本のたぐいは倉庫に運び、ていねいに掃除機をかけた。
そうやって午後がまるごと過ぎていった。
床はホテルのスイートルームさながらに新品同様の気配に満ちた。
これで明日死んでしまうとしたら、大きな無駄と思ったことだった。

| 過ぎてゆく日々のこと | comments(0) | - | posted by YK
<美人生霊アイス・2> 美人生霊からの挨拶  10:08
ベラクルスアメシスト
<美人生霊アイス・2> 美人生霊からの挨拶
「危ない!」と女の声がした。歩みを止めた。
足下のガードレールの支柱の脇に1メートルはこえるだろう大きさのマムシがいた。
まるまると太って焦げ茶に薄茶のストライプ模様、鱗はラードを塗ったようなぬめりがあった。
マムシは鎌首をあげてぼくを見ていた。あと一歩で踏み付けるところだった。
チッチと舌うちしたげにマムシはとぐろを解いて路肩の茂みに入っていった。
ガードレールは路肩ぎりぎりに設置されている。
小川との間は人の背丈2倍ほどの崖になっていて、灌木や雑草が茂っていた。
水辺に降りたマムシはうねうねとくねって川を渡り、岸辺に沿って上流へと泳いでいった。
このあたりでは川幅は7、8歩もあるけば渡れそうに狭く、くるぶし程度の水深しかない。
「気をつけなきゃ」と声がいった。張りがあって成熟した女性を思わせる声だった。
振り向いても誰もいなかった。
「カワセミがいたんだ。それでついそっちに気をとられていた」ぼくは言った。
「カワセミにマムシってワイルドライフみたい」
「お化けなの?」頭の中に聞こえてくる声に言った。
「お化けじゃない」
「じゃあタヌキかキツネ? それも違う? お化けなら、そういうことができる人のところにいって、
ちゃんと向こう側に送ってもらわなきゃ」
「死んじゃいない。ちょっと身体から出てきただけ」
「えっ?」「イキリョウ」
「生霊ってわけ? そんなの常軌を逸している」アイスとよぶことになる美人生霊とのなれそめだった。
「ずーっとね、お話できる人がほしかった。あなたの頭から変なふうにオーラが吹いているのが見えた。
それでこの人は同類かも、と思った。お話したかったけれどきっかけがつかめなかった。
わたしのことを怖がらないかしら、とか、生霊を信じてもらえるかしら、とか心配だった。
だから、怖がらないでいてほしいし、嫌でなかったらときどき、こうしてお話できると嬉しい」
そんなふうに彼女は言った。
(彼女は淡い藤色、ベラクルスアメシストみたいな)

| 美人生霊アイス | comments(0) | - | posted by YK
<美人生霊アイス・1> アイスの美人度について   10:19
アメシスト
これは以前の物語『子天狗玄太』の第二部。
玄太と出会う前、美人生霊に憑かれていたというか、友だち付き合いしていた時期があった。
彼女のはかなげであやうい感触や自分の意見に固執する自我の強さは紫味の薄いアメシストに似ていた。

■<美人生霊アイス・1> アイスの美人度について 
「なんてよべばいい?」ぼくは訊く。「好きな名前で」彼女が言う。
「カルテのわたしは病院にいる。あれはわたしじゃない」
「生霊(いきりょう)じゃ可愛くないし。アイスで不満じゃない?」
「愛してくれるの?」「いや、霊に恋するのはちょっと。……オレ言葉で常軌を逸している」
「そうね」「アイスって、てのひらにアイスキューブをのせる。
日に透かし、日差しを反射させたりしながら、右や左から眺める。そんなふうに美しい」 
「ありがとう、だけどわたしはそんなに美人じゃない」「うん?」
「あなたが感じているわたしは、わたしの自己イメージの投影なの」「ああ、だけど美人だ」
「そうね、そうであれかしと願うわ」
そんなふうにぼくらは言葉でじゃれあって歩く。
アスファルト舗装した一車線の田舎道を家に向かうときには左側に小川がある。
谷を下る水の流れは家の近くでは岩を食んで渓流然としているのに、
3つ4つの堰堤を過ぎると流れはゆるやかになって底の浅い小川に変じる。
左右にずんぐりとした山がつらなり、山肌は植林した杉や檜、あいまを埋める雑木に覆われている。
あたりは過疎の山村でまばらな民家の3軒に1軒は空き家のようだし、
道路脇の空き地はたいがいが放棄された畑で、灌木のまわりには猪がミミズを漁った後が残っている。
肘がぶつかるほど近くにいるのに、彼女の身体には触れられない。
彼女の息遣いがわかるのに顔を見ることができない。
けれど彼女はうりざね顔して、薄く整った唇をしている。
彼女はインドの女性のように小首をかしげて同意する。そのときの顎の線が悩ましい。
「ねえ、見て、あんなに大きなカラス」出会って2度目か3度目に彼女が言った。
頭をあげると道路の右端の電柱の上にニワトリほどに大きなカラスがいて、ぼくらを見下ろしていた。
漆黒の嘴に陽光が反射していた。電線にも数羽のカラスが止まっていて、
彼らは生き物というより黒い切り絵に見えた。
「わたしにとってカラスは瑞兆なの。いいことが起きる前触れみたい」
彼女が言うと、親分カラスが幼児が泣くような声でオギャアオギャアと鳴いた。
そのカラスは足を支点に身体を上下に振って声を出した。うつむいては声をため、首をあげて息を吐く。
ヨーガ行者のようだったし、空を威嚇しているようもであった。
「ね、同意してくれたみたい」彼女が言った。
霊的次元ではカラスは銀色に見える。
あの人たちにはお山の神さまのお使いのようなところがある。
私が死ぬとき、たぶん彼らはわたしの魂をつかまえにくる。
そうやって彼らといっしょに飛べたらいいな。
そういうふうにいう彼女は、遠い昔からの知り合いのように思えた。
| 美人生霊アイス | comments(0) | - | posted by YK
<石の名前> ジオード・コンシャアゲート・水晶クラスタ  10:34
じおーど
★3/22<石の名前> 
内部に鍾乳石状のメノウが発達したジオード(晶洞石)。
鉱物にはどんなに奇妙、奇怪なものがあっても、
すべては物理・化学的法則に基づいていて、偶然の産物という。そこんところがなんとも凄い。
生物たちの驚嘆すべき組織・習性もすべて自然淘汰のせいだと言われているが、
そんなことはないだろうと疑っている。3-20-1 

★3/22 たいがいの親は年中子供のことを心配している。よかれと思ってあれこれ干渉する。
その結果、子供は親との闘争に生涯をかけたりする。世の習いというものなんだろう。
熱変成される石たちも、石に気持ちがあるのなら、
あぶられたくないと思っているかもしれない。


コンシャアゲート
★3/28<石の名前> 
コンシャアゲート(貝殻状のメノウ、サザエの蓋に似ている)は巨人のヘソのような形で、
表面にざらめ砂糖をまぶしたように顆粒状の水晶が乗っているものが多い。
岩の亀裂の小さなくぼみでメノウが析出、沈殿していったのだろう。
できていく過程を想像すると、大地の営みに圧倒される。3-20-1

★ 3/28 自分のなかの嫌いな要素や、幼いころからの心のしこりは、
憎まず争わず「それでも、これも自分なんだから、仕方がない」みたいにひとまず受け入れ、
石たちの美しさのなかへ流していくよう努めると、
これまでとは違う対処法をみつけられるかもしれない。
そんなふうにこの石を眺めていて思った。


水晶クラスタ
★3/29<石の名前> 
この水晶は大きめの煎餅ほど。形も厚みも似ている。
前後上下を問わずに米粒を集めて押し固めるのに似て、
小粒で透明の水晶がでたらめに凝結されている。
ちょっと光があたるだけであちらやこちらが一斉にキラキラ輝く。
こういうのはこれ1個きりで類似のものを見たことがない。
たぶんほんのわずかな環境の違いで、水晶は目が眩み、頭も眩んでしまうほど多彩な形になる。 3-21-1

★3/29 水晶はいろいろなことを語りかけてくる。たいがいの親は年中子供のことを心配している。
その心配の仕方は自分の欲だったり、満たされない思いの代償だったりする場合がありはしまいか。
親であれば、ときおりそういうことを水晶に訊いてみるといい。
| 日本翡翠情報センター | comments(0) | - | posted by YK
<過ぎてゆく日々のこと>のまとめ 3/26-27 2020 10:10
河津桜
★ 3/26<過ぎてゆく日々のこと> 
山の家に着いたら庭の河津桜が満開だった。
「花見」って花たちが笑っているのを見て、自分の心も笑みで満たすってこと。
桜の花におぼれると、ピッカピカの1年生という言葉が浮かんできてこまった。


★ 3/26<過ぎてゆく日々のこと>  
ホギャアホギャアと赤子が泣くようにカラスが鳴いている。
5階の窓からだと電柱の上で鳴くカラスを見下ろせる。
カラスは両足を支点に力をたわめるように俯き、
それから上体をあげ、嘴を天に突き出して、赤子の泣き声をあげる。
ヨーガ行者のカラスか、と思ってみていると
魚雷のような黒い身体と漆黒の翼が色あせて銀色へと変身していった。
やがてそれは銀色の砲弾になり、銀色の翼を上下させて飛んでいった。


★ 3/26<過ぎてゆく日々のこと>(カラスのつづき) 
アメリカ南西部の旅行途中でタオスプエブロという先住民インディアンのお祭りにでくわした。
屋台のおばさんから、どこのトライブだい? って訊かれてすっかり気をよくして、
ぼくはトキョー・インディアンになった。
シルバー・クローって名前もつけた。あまりに昔のことですっかり忘れていた。


★ 3/27<過ぎてゆく日々のこと> 
新型コロナウイルス騒動ですっかり無視されているけれど、
今の季節、風邪をひいたり、インフルエンザを患っている人もいるだろう
。同じ環境にいて風邪をひく人とひかない人の違いはどこにあるのか、いつも不思議に思っている。
性別や年齢、体型、体調、健康度、病歴、免疫度などなどが同程度であっても、
風邪をひく人とひかない人がいて、ひかない人は来年もひかないというわけではない。
病気になる要因というのはウイルスや細菌のせいばかりでない、
どこに主要な原因があるのか、ちょっと首をつっこむと、
あまりのカオスにたじたじとなって、病気になってしまいそうな気分になる。

| 過ぎてゆく日々のこと | comments(0) | - | posted by YK
<過ぎてゆく日々のこと>のまとめ。雪が降っている 3/29 2020 13:04
水晶クラスタ
★ 3/29<過ぎてゆく日々のこと>  
雪が降っている。清めの雪。足止めの雪。
どこかで坊さんが珊瑚のカンザシを胸に、出かけたいのに出かけられず、
草鞋(わらじ、草履かも)をはいたり脱いだりしている。
坊さんが見上げる空の下、杉の枝に止まったカラスの背にも雪が降る。とても静かだ。
江戸時代の珊瑚は中国からの輸入品で、原産地はイタリア、シルクロードを運ばれてきた。
中華な人たちは周囲をみくだして倭だの夷だのとよんだ。
西方の蛮人は胡だった。だから珊瑚は胡渡りという。
えらそぶって書くようなことではないけれど、胡座 (あぐら)・胡椒(こしょう)・
胡瓜(きゅうり)も胡渡りだった。(水晶クラスターは邪気を祓う)


水晶クラスタ
★ 3/29<過ぎてゆく日々のこと>  
雪が降っている。脳は類似の風景を記憶のなかに探る。
過去にひたったところでばかっぽいだけだからやめにする。
すると脳はもう少し古い記憶を持ちだす。
2つ3つあるいは10代ほど昔の前世。そこでも雪が降っている。
ぼくは罠で捕らえたウサギを手に雪原を歩いて彼女を訪ねる。
そうでなければどこかの星のドームシティにいて、ドームの外のブリザードを見やっている。 
(水晶クラスタは家を清める)
 

水晶クラスタ
★ 3/29<過ぎてゆく日々のこと>  
雪が降っている。3月も終わるというのに真冬の雪が降り積もっている。
近所に借りてある倉庫アパートまで5分とかからない距離だけれど、
外に出るのが嫌で、窓を手指の幅ほどあけて雪を見ている。
きれいな雪。まっしろな雪。
カルサイトやアラゴナイトに似た白い小さな塊が、際限なく、次から次へと降ってくる。
いろいろな記憶が頭をもたげる。それをひとつひとつ潰して雪を見ている。
自分が白い鉱物になったようだ。(水晶クラスタは心を癒す)


| 過ぎてゆく日々のこと | comments(0) | - | posted by YK
<新着製品> 日本翡翠ブレス・フローライト天使・水晶製厄除け大師  11:02
日本翡翠ブレス
<新着製品> 
「日本翡翠ブレスレット/バーゲン品]に「日本翡翠8mm玉バーゲン・ブレス」7本を新規に掲載しました。
定価の5割引での提供ですが、「わけあり品」ではありません。
販売促進を願って通常製品を半額にしてあります。
新潟県糸魚川市産の無染色・未処理の原石を使用しています。
海外の特約工場で数をまとめて制作しているので、国内での手作り品よりも安価になっています。
日本翡翠はデリケートな色合いをしていて、デジカメでの色再現が難しく、
モニター、スマホなどによって多少色味が異なってしまいます。
8mm玉ブレスに使用しているビーズは白を基調に気持ち象牙色や黄土色が混ざっています。
日本翡翠ではもっとも多い色合いです。


フローライト天使
<新着製品>
「アウトレット天然石加工品/仏像・龍・神獣」ページに「フローライト守護天使」を8点、
新規に掲載しました。透明度が高く透光性にすぐれた高さ約52mmの守護天使です。
机の上やベッド近くに飾って、親しみをこめて眺めたり触れたりしていると、
精霊の宿りを感じられるようになります。大きな力に支えられていることがわかるようになると、
気持ちが安定して落ち着いて暮らせるようになります。
小さな不安、心配に心が曇ることも少なくなります。
宇宙的な大きな力と出会えるよう天使や精霊たちが先導してくれます。3-20-2


厄除け大師
<新着製品> 
「アウトレット天然石加工品/仏像・龍・神獣」ページに、
「水晶製厄除け大師」4点を新規掲載しました。
ブラジル産水晶原石から製作した当社オリジナル製品です。
無傷製品ではありませんが、透明度の高い高品質の水晶でできています。
水晶製品はお顔の撮影が難しく難儀しています。写真よりやさしいお顔立ちです。
「お大師さん」こと弘法大師は真言密教の開祖空海の尊称です。
彼の事跡をめぐる巡礼はひとりで行っても、同行二人といわれています。
彼に祈るなら道を歩く手助けをしてくれると伝承されてきました。
「厄除け大師」は身近に飾ると、つらいときには慰めてくれ、
気持ちがくじけそうなときには励ましてくれます。
「水晶厄除け大師」は見る角度や、光線の当たり具合、見る日の気持ちのあり方によって、
表情が異なってみえます。3-20-2
| 新着製品更新記録 | comments(0) | - | posted by YK
| 1/181 | >>