| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
フローライトの精霊と古代遺跡を歩いたりして 17:25
ふろーらいと<フローライト> 
1、2ヶ月前にテレビでオーロラの特番を見た。
オーロラを網でひとすくいして凝結材を混ぜるとフローライトになる。
膝ほどの深さの小川の底に真昼の陽射が入る、水底からの反射光が水面に広がる、
そうした光を集めて冷凍室にいれてもフローライトができる。
夕焼けが始まったばかりの空の上のほう、白い雲が浮かぶ青空の甘みのある色合いが結晶すると
そこにもフローライトができる。
そうやってできたフローライトを長の年月をかけて買い集めると、なかなか立派なコレクションができる。
ときおり精霊たちが見にきてほめそやす。
産地や鉱山名を忘れて、石たちを分類しようといいう気持ちからも離れて、
こんなに美しいものは始めてみるという気持ちで石たちに向かうなら、
フローライトは光の凝集体であることがわかる。 102mm、594g 4-19-2 783


フローライト
<フローライト> 
浅緑色して透明感の強いフローライトを前に、この石には女っぽいところがある、と思う。
すると脳裏に髪を極端に短くした女性が姿をみせた。
サングラスが邪魔して男女の区分けがしずらい。けれど間近で見ると肌が磁器のようにしまっている。
靴のサイズに女であることを確信する。彼女はサングラスをはずしてぼくを直視する。
四辺形の箱の形をしたフローライトの前で、ぼくらは2匹のカゲロウのようだった。
フローライトは眼をむけるのがはばかられるほどに透きとおっていた。
その巨大な鉱物の外壁にしつらえられた階段をぼくらは登った。背中を汗が伝った。
のぼりきると都市の遺構のような模様が広がっていた。
彼女の額には汗の粒が浮かんでいた。
彼女が笑いかけた。3千世界を掌中に納めたかのような、
神々だってそこまでは満ちたりはしないだろうと思えるほどの笑顔だった。4-19-2 0836


ふろーらいと
<フローライト> 
「2匹のカゲロウであるならぼくらは仲良くつながれる」フローライトの精霊にいってみた。
彼女はぼくの手をとって都市遺構のなかに歩みいった。
身体が潮に濡れた。珊瑚礁の水棲動物になってぼくは彼女に従う。
潮のうねりにのってただよい、眼にはみえなかったけれど、確かにそこにあった
海流の境目からぼくらは遺構の地下へとわけいった。
海のようでいて空のようでもあり、そのくせ鉱物質の艶のある色彩世界があった。
そこは地球ではない。ガニメデかどこかなんだろう。空間には沈静していても確固たる意識があった。
ぼくは彼女のなかに入り、彼女はぼくに重なった。
神々だってここまでは満ちたりはしないだろう安堵感に包まれた。4-19-2 0852
| 日本翡翠情報センター | comments(0) | trackbacks(0) | posted by YK
異国の街に出現したフローライトのピラミッド・2  10:40
フローライト
<フローライト> 
行き着いた先は広い部屋で壁の全体が乳白色に蛍光していた。
スポットライトをあびた中央には1メートル立方ほどの箱があって、隣に管理人が立っていた。
「ようこそわれらが友よ」と彼はいった。こいつのものいいはいちいち癇に触る。
「もうお気付きですか、ピラミッドは実は8面体で半分は地下に埋もれているんですな」。
ドキッとする。衝撃に身震いする。ああ、と思う。
「ああ、なるほど。2千年前の中国の墳墓を見に行ったことがあります。
そこでも、地面にうがった逆ピラミッドの底に玄室がうめてありました」
「そうですか。この場所が逆ピラミッドの中心部です。まずはこれをごらんなさい」彼はいう。
四角の箱型のテーブルの上面は紫色に蛍光していて、升目が陰刻されていた。64枡からなる八卦の魔方陣だった。
「タントラですか?」「しかり。どこでそれを?」「精霊界の友人から」と答えた。
ぼくはそれを玄太の父からきいた。「前後左右は東西南北となり、南北は天地に置換される。
天の8方位と地の8方位がまじわって64の事象に分割される。
64体のヨーギニ、つまりダキニがそこに顕現する」。
玄太の父はこれを、現象世界の諸事情を64に分類して八卦はできているが、
いにしえのタントリカたちはそれを女神の機能とみて、64ヨーギニ・テンプルを建立した、
というふうにいった。たぶんインドが先だった。
管理人はうなづき「聖数8は陰の最大数で女神の数字でもあるのです。2乗すれば64になります。
ご存知とは思いますが」といった。4-19-3


フローライト
<フローライト> 
アーサー・クラークが夢想したモノリスのように、誰かがフローライトの巨大ピラミッドを
異国の辺鄙な土地に置いた。ピラミッドは地表に乗せられていたわけではなく、
地下の逆ピラミットと結合した八面体だった。つまりあれを設置するにはそうとう大掛かりな土木工事を
必要としたが、それに気付いた地元民はいなかった。地下の玄室に相当する部分には棺ではなく、
64の枡目を描いたプレートが置いてあった。
世界は64の「質」あるいはパワーの色合いによって統合されていることを顕示しているかのようだった。
その図形は世界の概念図、もしくは鋳型だった。やがてその土地はパワースポット詣でをする人たちの
聖地になったけれど、ピラミッドが逆ピラミッドと結合していることや、
玄室に八卦のプレートが鎮座していることは報道されはしなかった。
何人かは知っていただろうが、彼らがSNSに書いてもそれを真にうける学者や大手メディアは
なかったということだろう。昨日のこと、msnのヘッドラインを読んでいたら、
そのピラミッドは出現したときと同じ唐突さで消失したとでていた。
管理人のコメントがあって「残念なことをしましたな」とあった。
(これはフィクションです)4-19-2
| 日本翡翠情報センター | comments(0) | trackbacks(0) | posted by YK
異国の街に出現したフローライトのピラミッド・1 20:42
フローライト
<フローライト> 
町中のちょっとした広場だった。そこにそのフローライトは突然出現したのだという。10年前の出来事だった。
5階建てのマンションほどの大きさでピラミッド型の緑色半透明のフローライトだった。
学者たちはひたむきにそれを研究した。ばかでかくはあるが双晶のフローライトであること以外、
なにもわからなかった。
「どこから来なさった」管理人がいった。「トーキョーから」ぼくは答える。
「ここまでくるのに飛行機にのり、列車とバスを乗りついで5日間かかりました」
「まるで池の真ん中に投げこまれた小石から波紋が広がっていくようですな。神秘の小石です。
神秘がここから世界中に広がり、神秘に惹かれる人たちを集めているのです。不思議なことですな」
「ええ」ぼくは言って巨大な緑のピラミッドを見上げた。4-19-3 


フローライト
<フローライト>  
「このピラミッドには満月の夜にだけ開く扉があるんです。
科学者たちにはわかりようのないことですがね。日本からも調査隊がきました。
徒労でしたな」管理人がいう。「へえ、」尊大ぶったものいいに賛同しかねる声でぼくはいう。
「人は世界はかくかくしかじかであると教わり、その考え方を唯一の世界の在り方と信じるんですな。
そうやって世界は疑いようのない実在として存在していきます。
けれどこのピラミッドはそういう世界の解釈の仕方に属しておらんのですな」
「ああ、第三の眼とかで内側に入る扉を探せということですか」
「まさにしかり、第三の眼をおもちですかな?」
「ぼくはありきたりの旅人なんですよ、特殊な能力はからきしです」
「ともかくも満月の夜までこの地ですごされるようお勧めします。
ピラミダス全体が青白い蛍光色を発して、それはもう、この世のものとはおもえないほどみごとに輝くんです」 4-19-3


フローライト
<フローライト>
この土地の満月は東京でみるのとだいぶ違う。こうこうと輝くさまは陽射であるがごとくに強烈で、
天上にのぼった満月のしたでピラミッドは青紫の蛍光色を発して超巨大な蛍光灯スタンドのごとくに
自ら輝いていた。ああ、蛍光灯と蛍の光とフローライトは同じ原理で光るんだ、などと思う。
ピラミッドの内部に入る扉があると、管理人が行っていた。周囲を一巡しても扉らしきものはなく、
観光客や参拝人のたぐいも見当たらず、静まりかえっている。
しきりとタバコがすいたくなるが、数年前にやめたままだ。
思案してあれだと、思いつく。
「トンネルをくぐる、野原がある、ガイドが来るのを待つ、そうやって物語が進展していく」。
あの瞑想法に従って、さらに一巡して北西のすみに開いた切り口があるのを見た。
入り口の壁が緑色に蛍光していた。地下へと向かう狭い階段があった。
階段は7つ8つと折れて地下深くへと降りていった。
| 日本翡翠情報センター | comments(0) | trackbacks(0) | posted by YK
<フローライト> フローライト(フッ化カルシウム)の基礎知識  10:16
フローライト
<フローライト> 
フローライトの分子組成はカルシウム+フッ素(Ca F2)で、フッ化カルシウムとよんだりする。
カルシウムの多くは珊瑚礁に由来する石灰岩から供給されることを思えば、
フローライトが地殻の比較的浅い部分で生成されることがわかる。
フッ素は花崗岩からもたらされる揮発性成分のひとつで反応性が高いという。
つまり、フローライトの多くはスカルン(石灰岩と火成岩の混合地帯)に産出して、
人間が採掘しやすい土地にあるのが、世界各地で産出される理由となっている、
製鉄時に鉱石といっしょに溶鉱炉に投入すると、鉄を溶けだしやすくする性質があるので
溶融材(フラックス)として用いられる。
フローライトの結晶はサイコロ状だったり8面体だったり両者が混合していたりする。
四角形の縁(へり)が面取りされているようなものもある。
単体でピラミッドを上下に合わせた形、8面体をしたものは
職人が劈開面にそってハンマーで割って作ると聞くようになってひさしい。
そのくせ原石をカナヅチでいかに叩こうと8面体に割れたためしがない
(知識の多くは実証されずに伝搬していく)。210g/74mm。4-19-3 282


フローライト
<フローライト> 
フローライトには紫外線が刺激となって発光するものがある。
熱源なくして発光するのは蛍のようなもので、苔や魚にもそういうのがいる。
蛍光灯という名称も蛍の光からきている。フローライトの蛍光色はフローレッセンスという。
フローライトの基本色は白で、異種物質が混ざったり、結晶の格子状構造に欠けなどが生じることで
緑・紫・黄・橙・桃色などに発色する。結晶の発育期の間に休止期が入ると縞状になるという。
電子顕微鏡的には結晶はバベルの塔のレンガ建築よろしく、分子が格子状に並んでいくことで構築される。
子供のころの授業で「物理は理路整然とした法則性を学ぶ学問だ」といったことを教えられた。
長じて学んだのは法則は例外だらけという事実だった。
分子の格子も欠陥だらけで、いびつだったり、隙間があったりする。
自然界の構成はけっこう雑であるし、いい加減であるし、
幼馴染みと結婚するみたいに、身近なものですませようとする傾向がある。
こうした科学から学んだのは、百頭の羊がいるとして99頭の羊のように振るまわなくてはならない
いわれはない、ということだった。いい子に育てと望む親には気絶してしまいそうな意見なんだろう。
フローライトははぐれものであるほど美しいといえなくはない。4-19-3 172 ブログ鉱物

| 日本翡翠情報センター | comments(0) | trackbacks(0) | posted by YK
<新着製品> 菊花水晶、日本翡翠吉祥勾玉の特価品と特選品  11:03
豊川稲荷<菊花水晶> 
その菊花水晶はクラスターのほぼ真ん中にニョキッと直径3、4センチの水晶ポイントが生えていた。
常識では菊花水晶と通常の水晶ポイントは共存しない。水晶はそれが成長する熱水だか
マグマの残り物とかの溶液の温度や圧力によって結晶の大きさが変わっていく。
おおまかにはペンシル状の細身の結晶から菊花水晶、ドウルージークォーツというように、
温度が低くなるにつれて結晶の形状も小さくなり、100度Cくらいでは結晶形は育たず、
極微の結晶が多数沈殿してメノウになる。さらに温度がさがるとケイ酸は凝固してオパールになる。
菊花水晶の上に太めの水晶ポイントが成長しているということは、菊花水晶ができたあとで、
地質学的な時間が経過し、晶洞内の温度があがって大きな水晶が成長できる環境になったということなんだろう。人間にとってははかりがたいほどの長い時間をこの水晶は地下で過ごしてきた。
そういうことを想像すると気分が高揚する。4-19-2


日本翡翠勾玉
<新着製品> 
日本翡翠吉祥勾玉(30ミリ)に特売品を12点新規に掲載しました。
当社で日本翡翠製品を取り扱いはじめたころの勾玉が少量、ストックボックスの隅のほうからでてきました。
原石を入手しづらかった時期の製品なので、現在のレギュラーアイテムに比べて石の質がやや劣ります。
加工賃が高騰する前の旧価格を据えおき、さらに5割引しての特価品です。
白色や明るい灰色を基調にまだら模様がはいっています。白を基調にまだら模様が入っています。
石目の目立つ製品もありますが、遺跡出土品のようなワイルドなふぜいがあります。
2個目、3個目の翡翠製品としてご愛用いただけると、
日本翡翠への理解がひろがると思います。5-19-1 175


日本翡翠勾玉
<新着製品>
「日本翡翠吉祥勾玉30mmサイズ」10点を、「日本翡翠勾玉/35〜30mm]に新規掲載しました。
新元号をお祝いして6月末日まで2割引にしました。珍しい色合いの製品を選んでありますが、
どれもが新潟県糸魚川地方産の日本翡翠原石(通称:糸魚川ヒスイ)を使用しています。
無染色・未処理品です。天然の原石からひとつづつていねいに手作りしています。
勾玉は三種の神器のひとつに選ばれていて、日本の伝統文化を代表する宝飾品です。
家族のみんなが健康ですこやかに暮らすお守りとして、
また夫婦和合や仕事の成功をうながす守護石として人気がたかまっています。 5-19-1

日本翡翠勾玉を見るにはここをクリック
| 新着製品更新記録 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by YK
多摩ニュータウンの「遺跡庭園・縄文の村」に遠足した  5/17 2019 15:10
縄文土偶
★ 5/13<過ぎてゆく日々のこと> 
住まいからバスで20分ほどのところに「遺跡庭園・縄文の村」というのがある。
多摩ニュータウン建設時に発見された遺跡の一部が保存してあって、復元した縄文家屋が3棟建っている。
付属の博物館には上記地域内の1000ヶ所あまりの遺跡からの発掘品を保存してあるという。
そういう施設があることを知ってはいたけれど、縄文時代の堀建小屋にはさほど興味がなくて無視していた。
天気もいいし、中央郵便局に小包を出しがてら行ってみようということになった。
そうやっててのひらほどに小さな土偶数点に出会った。
こういう小振りの土偶は、縄文土偶関連の本ではあまり見かけないように思う。
家庭での祭祀用土偶だったような雰囲気だった。
縄文時代の歴史の長さと人口の少なさを考えると、こうした出土品は多いのか少ないのか、
さっぱりわからなくて戸惑ってしまう。


細石刃
★ 5/14<過ぎてゆく日々のこと> 
東京都多摩市、多摩センター駅近くの遺跡庭園・縄文の村には、細石刃の模型が展示してあった。
細石刃は日本列島では旧石器時代の終りごろから縄文時代の始まりにかけて使用された。
そんなに古くからこの土地には人間がいたということだし、
たった1万年の間の景観の変わりようには人類として罪の意識を感じる。
細石刃は黒曜石などの塊から1〜2センチの小片を割り取って材料とする。
木や動物の骨でつくった柄に溝を掘って複数個を埋めこむ。
ノコギリ風で替え刃式のナイフや槍の穂先ができる。弓矢の登場によって消滅したという。
ちょっと資料を読むと、細石刃の研究によって、
縄文人は列島在住の旧石器時代人がそのまま移行していったのではないかもしれない、
と考えられているという。弥生時代の始まりと同じように、
縄文時代も海外からの移民の影響で始まったとする意見はけっこう刺激的だ。
これまでは遺跡から出土する細石刃は、槍の穂先などを作った残り屑みたいで、
興味の対象外だったが、考え方をあらためなくてはならない。
| 過ぎてゆく日々のこと | comments(0) | trackbacks(0) | posted by YK
<過ぎてゆく日々のこと>のまとめ  5/11-13 2019   08:21
カルサイト
★ 5/11<過ぎてゆく日々のこと> 
母方の祖母の家にあったような、たぶん戦前に作られた幅一間の和家具のガラス戸の飾り棚めいっぱいに
カルサイトの結晶が並べてある。石ヤを始めて天然石の結晶の多彩さに眼を奪われた。
ペンダント類の販売が好調だったので、鉱物標本店を訪ねては、きれいな形の石たちを好きなだけ買った。
当時の標本店にとって、ぼくのような客はとてもありがたかったに違いない。
コレクションはみるまに膨らんで、書類ケースを3つ4つと買いこんだ。
なかでもお気に入りはカルサイトが咲かせた石の花だった。


新緑
★ 5/11<過ぎてゆく日々のこと> 
連休の間は山の家からの帰りのバスが込むのが嫌で住まいに蟄居していた。
桜も桃もミツバツツジも花が散ったあとの田舎道を、
倉庫に移管するための本や2日分の食料を入れたリュックを背負って歩く。
渓流の土手にシャガの花を見つけて、仏壇用に摘んで家に着く。
2階に上がって雨戸を開ける。裏山に燃えたつ緑の激しさに息を飲む、
気管支が驚いてむせてしまう。4-19-5


銀鮭
★ 5/13<過ぎてゆく日々のこと> 
昨日の夕方、ヤマト冷蔵便で氷漬けの鮮魚が届いた。
日本海側に住む気分は親戚みたいな知人が送ってくれた。
発泡スチロールのケースを開くと、氷の生簀に体長45cmを越すハマチのような生の魚が
丸ごと1尾とサザエが6個入っていた。
「凄い!」と驚嘆して、あわてふためきネットで魚の捌き方を調べた。
これまで丸ごとの魚の調理といえば、ニジマスの腹を開くとか、サンマを焚き火で焼く程度、
こんなに大きな魚の解体などやったことも見たこともない。
ステンレスの包丁を2度ほど研いで、スマートではないけれど、なんとか解体して、
人魚姫のように頭からかぶりつくということをしなくてすんだ。
刺身は捌きたてのものと、少し時間が経ったものとでは味が違うということを始めて知った。
ありがとう。(鮮魚の名前は正しくは境港サーモンというそうです。どうりで身が赤かった。
顔つきはマスに似ているような気もする。)
| 過ぎてゆく日々のこと | comments(0) | trackbacks(0) | posted by YK
| 1/160 | >>