| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
ピンクヒスイとタンザナイトは双子の姉妹?■ピンクヒスイ勾玉の写真 18:38
エピドート付き水晶
ピンクヒスイ勾玉

写真上は四川省産水晶クラスター。濃緑色で苔に似た結晶がエピドート。
拡大してみればリッパな姿に見える。
ピンクヒスイは極微の結晶が集合・凝集して岩塊状になっている。
エピドートとピンヒスイはほぼ同じ鉱物で、結晶時に含有される鉄分の違いによって
どちらになるかが決まってしまう。


ピンクヒスイ勾玉ページを見るにはここをクリック!
とくに色味の濃い製品は掲載分で終了です。


ピンクヒスイの勾玉に触れていると、名前と製品がじつによくマッチしていると思う。
姫神が姫神として生まれたばかりのような初々しさがとてもいい。
彼女は水辺に座る。彼女がそこにいるだけで彼女の周囲の世界すべてが浄化される。
 
ネパールにはクマリとよばれる少女の生き神さまがいる。
彼女のオーラは真紅に燃えている。辰砂(丹生・シナバー)の結晶の輝きがある。
でも彼女が少女に戻るとオーラはピンクに薄まる。ピンクヒスイにはそんな味わいがある。
 
ピンクヒスイはピンクオパールやピンクアラゴナイト(ピンクカルサイト)と似ているが
やっぱり違う。このデリケートな違いを識別できる「眼」の能力を凄いと思うし、
この識別する能力は、じつは「眼」の力ではなく、
パワーを識別する身体の能力ではないかと思ったりする。
 
ピンクヒスイは日本でだけ通用する愛称で、鉱物学的にはヒスイ輝石ではなく、
エピドートの仲間に属していて、和名を桃簾石(とうれんせき)、英語名をチューライトという。
岩塊状で産出するので岩石としてはロジン岩の一種とされている。
 
鉱物ファンであればエピドートと聞いてトルマリンに似たペンシル状の結晶を思いおこす、
あるいは四川省で採掘される形状がアメシストに似た水晶クラスターと共存する
苔のような結晶を思い出す人もいる。
 
エピドートの分子構成はカルシウム+鉄+アルミニウム+ケイ酸塩+水酸基で、
同じ分子構成でも鉄の含有量が少なくなると、クリノゾイサイト(斜灰簾石)、
ゾイサイト(ゆうれん石)と変わっていく。

(アクチノライト・緑閃石の分子構成はカルシウム+マグネシウム+鉄+ケイ酸塩+水酸基で、
幾分エピドートに似ている。こちらは鉄の含有量が少なくなると
トレモライト・透閃石に変わっていく)。
 
ピンクヒスイ(桃簾石)はクリノゾイサイトの一種で、
クリノゾイサイトとゾイサイトは同質異像の関係にある。
 
こんなふうに鉱物名を羅列すると混乱してしまうが、
ゾイサイトの結晶で宝石質なものがタンザナイトなので、
ピンクヒスイとエピドート、タンザナイトは分子構造がほぼ同じ、
同じDNAをわけあった兄弟姉妹のような関係にある。
 
エピドートやタンザナイトは結晶を成長させて宝石質となるが、
同じ結晶であってもミクロの微結晶が集積して岩塊状を呈するものもあって、
ピンクヒスイは岩石として私たちの眼に触れる。
 
岩石状のピンクヒスイは全部がピンクヒスイというのはまれで
通常は微粒子状緑色のエピドートと混在している。
こんなところがピンクヒスイに緑色がまじりやすい理由だ。
 
鉱物学的には固溶体というわずかの成分の違いで、
天地がひっくり返るほどに異なる色合いに変わる鉱物のグループがある。
そういうのに触れるとめくるめくほどに不思議なことと思う。
 
そのうち触れることもあるだろうが、翡翠原石が蛇紋岩に包まれて地下深くから
地表へと上ってくるようにロジン岩も同じようにして地表に上ってくる。
ピンクヒスイは翡翠原石の産地、糸魚川地方ならではの鉱物である。
| 翡翠と近縁の鉱物 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by YK
異星人にもらった眺めて効く薬と糸魚川産ネフライトの写真 21:06
糸魚川産ネフライト原石
糸魚川産ネフライトのなかには、この写真のように石が練られたらしい濃密な痕跡を宿すものがある。
いっぱんにはネフライトは角閃石の微細で緻密な結晶が凝集して岩石状となったものをいう。

宝飾品としては緑のネフライト(軟玉翡翠)がよく知られているが、
古代中国でもっとも高貴とされていたのはトレモライトという白い角閃石
(鉄分の含有が少ない)がネフライト化したもので、トロリとして幼児の肌
(中国の好き物のオッサンたちには生娘の肌だったが)を連想させるものは
羊脂白玉(ようしはくぎょく)と呼ばれた。日本産のネフライトは鉱山がなく、
河川や海岸で採集されるものが主なので、採集量が少なく、
中国産や台湾産に匹敵する高品質な原石はまだ見たことがない。

夜中に咳が止まらなくなって夢うつつに過ごしているうちに、
向こう側の人たちと夢のなかでお話することになった。
向こう側の人といったって神々とか仏たち、祖霊とかではなく、亡霊でも鬼でもなく、
地球と同じような環境で暮らしているどこかの惑星の人たちのようだった。
黒っぽいタートルネックのような服がスポック博士風ではあったが、
あんなふうにいかつくはなく、耳も異様に長くはなく、もちろん奇怪なネオテニー風でもなく、
アジア系の優美な顔立ちで、初対面ではあっても、
以前に会ったことがあるような気持ちのいい人たちだった。
 
向こうとこちら、中間に広大な宇宙空間、あるいは漠とした霊的空間があるにもかかわらず、
ぼくらはテレビ電話する人のように、「窓」を通して互いの姿をみながら会話した。 

薬品のプラシーボ効果について精神進化論的かつ深層心理学的な会話がかわされた。
 
あなたの咳が心配だからといって彼らは呑む必要のない、
置いておいて眺めるだけで効力があるという6錠の錠剤をくれた。
それらは真田幸村の旗印のようにきちっと並べられて、透明なビニール袋に入れてあった。
黒っぽい薬はそこだけ微妙であるがくっきりとした異空間の彩りのうちにあった。
 
呑む必要のない薬は究極のプラシーボ効果のようで、
みえない世界に自分をゆだねるスピリチュアリティが必要なのだというようなことを彼らは言った。
 
人知を超える世界の営みについては、人知を超えているのだから、
全貌を理解しようとする試み自体が無駄である。
全面的に信頼して、それとともにあることを受け入れるか、はなから拒否して、
そのようなものは存在しないと思うふりをするしかない。
 
風邪などをひいて身体の具合が悪いときに見る夢は、ネチネチとして粘っこいところがある。
同じ情景が平気で2回、3回と繰り返される。
6錠の黒っぽい錠剤は眠りの中へと出たり入ったりしながら、
その度ごとに仕事机の上や、脇の本箱の棚に安置されていた。
 
朝に目覚めて、宇宙人(?)からの贈り物の薬はあんなにもくっきりとしていて、
ネチネチと何度も確認したんだから、机の近所にあるはずだという感触が消えなかった。
けれど机の付近にそれは見当たらず、居間に探しにいっても影も形もなかった。
 
ラブ・ディボーション・サレンダー(献愛・帰依・降伏)といったバクティヨーガには
人類の魂の進化を問いかけるおおきなテーマが隠されているかもしれないと、思ったりした。
なにがあってもジタバタしないということをここからは学べるような。
| 翡翠と近縁の鉱物 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by YK
マウシッシの勾玉を店に飾るには■日本翡翠大黒恵比寿の写真 14:50
日本翡翠製品
「2009夏のセールカタログ」から日本翡翠大黒恵比寿天像。
いくら立派で金額を超える価値があるとはいえ、
この価格ではみんなに買ってくださいとはいいにくい。
けれどオオクニヌシは日本翡翠にもっともゆかりの深い神様。
日本翡翠はオレが見初めた宝石でもあるんだから、
まずはオレの彫像を作ったらどうだ、というようなことを言いつのるので、
はい、そうですかと製作した次第。
ここには2千年ほど昔の歴史が塗り込められていて、
神々の威徳も強大であると思われます。


今日は七夕(たなばた)。新暦と旧暦では星空も幾らか異なる。
宮沢賢治が眺めた星空をみんなにも見せてあげたいと思う。
満天の星空の頂きに白く煙る天の川がかかり、
小さな黄色の点となって移動していく人工衛星を最後に見てから、
もう20数年経っている。 

星空の凄いほどの美しさに感嘆するのは簡単で、
そうできるなら石たちに魅入ることも難しいことではなくなる。
 
昨日は雨垂れの音に起こされた。雨戸を開けるとサラサラとした雨が降っていた。
山の家で眺める雨は嫌いじゃない。けれど屋外での作業には差し支える。
玄関先の庇(ひさし)の下に作業台を持ち出し、
ジーンズを木くずまみれにして勾玉を展示する額を作った。
 
ベニア板を切って細い角材の木枠に止める。
先日プレハブの倉庫を建ててもらったとき、
職人さんが、「これ、ここに忘れていくことにするよ」と言って、
残していってくれた角材を切って額縁代わりとする。
枠には軽くサンダーをかけて黒いペンキを塗る。
そういうのを素人大工のやっつけ仕事で4つ5つ作っただけなのに、
一日がかりとなってしまった。 

たくさんの日本翡翠の勾玉が届いている。
なかにはこれまでになく高額な原石を使用したものがあって、
うっとりするほどに美しい。
前回の中国行きで購入した和田玉(ホータンギョク)も勾玉になったし、
秘蔵してあったマウシッシ(コスモクロア)原石も勾玉になった。
 
マウシッシはネオングリーンの地に黒い斑点が散って、新着勾玉は
オオクニヌシが見るなら、領土の半分と引き換えにしただろうと思える出来栄え。
セールが終わったら店に出したりホームページに掲載しようと思っている。

(セールが終わって新作発表というのが、商売の一応のセオリー。
意地悪しているわけではないのでご理解ください)
 
けれどショップにはもう新着製品を飾る場所がない。
苦慮熟考(あえていえば)の末に「1点もの勾玉」を飾るディスプレーを作ることにした。

マウシッシはいずれゆっくりと、うろ覚えではない記事を書くつもりでいるが、
翡翠の産地として名高いミャンマーのカチン州、マウシッシという
地名の場所で発見された翡翠類似の宝石。
ジェード・アルバイトの英名もあるが、最近ではコスモクロアと呼ばれることが多い。
 
ヒスイ輝石やアルバイト(曹長石)、オンファサイト、コスモクロアなどが集合した岩石で、
一般的には翡翠のような水飴状のねっとりとした透明感はないが、
鮮やかなネオングリーンの地に黒い斑点が飛ぶ宝石として知られている。
 
コスモクロアは最初に隕石の中から発見されたので「宇宙の緑」の意味でこう命名された。
翡翠の主成分であるヒスイ輝石の分子構造(ナトリウム・アルミニウム・ケイ酸)の
アルミニウムをクロムに置き換えるとコスモクロアになる。
 
コスモクロアは日本翡翠の産地である糸魚川地方からも発見されていて
一時話題になった。
 
このコスモクロア(マウシッシ)の勾玉を店に飾ることができるのは
夢のような出来事と思っている。
 
鉱物はあれと比べてこれがいい、という世界ではない。
恋愛するのに前のと比べてこっちがどうこうと言わないのに似ている。
いいものはみんなよくて、美しいものはそれぞれにものすごく美しい。
あっちも好きでこっちも好き、とくにこいつときたら、物凄くいい、と言っても、
誰にも咎められない。
| 翡翠と近縁の鉱物 | comments(3) | trackbacks(0) | posted by YK
| 1/1 |