| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
写真はマグリット風日本翡翠獣型勾玉ワカクサ  08:05
獣型勾玉ワカクサ

<日本翡翠新着製品> 
新製品の獣型勾玉ワカクサは従来製品の「ハヤテ」より安価に提供できるよう
いくぶん小柄なものを制作しました。
呪術師たちの伝統では動物型の精霊が霊界探訪を先導してきました。
ヒキュウ(豼貅)やテンロク(天鹿)など、古代中国の霊獣たちは金銀財宝をはこんでくるとされていました。
古墳時代の遺跡から翡翠製獣型勾玉が出土するということは、
日本列島にもこうしたパワーアニマルへの信仰があったことをうかがわせます。
いま獣型勾玉や翡翠製品に惹かれる人は古代にはシャーマンだったかもしれません。
獣型勾玉を手にしてから猫の写真が撮りやすくなったとか、その逆というようであれば、
精霊がそこに宿っていると解釈してもいいように思えます。
それぞれの人にそれぞれの状況があるので一概には断定できませんが。


<日本翡翠新製品> 
獣型勾玉の制作は最初に円盤を半分に切る。直径の側にふたつえぐりを入れて脚を作る。
顎の形を整えて、眼となるよう貫通穴を開ける。それだけのことなのに動物の形になってしまう。
動物や草木や人や車、家屋など、複雑な形状のものを原初的で単純な形に凝結させる
脳の図形認識という機能が興味深い。
こうした能力は進化の早い時期に生物の機能として発達したように思える。
恐竜もそうやって縄張り内の地図を認識していただろうし、
犬や猿もまたなんらかの図形認識能力をもとに自分の世界を理解している。
獣型勾玉はわずかに向きを変えるだけで親密になったり、
遠ざかっていこうとしたりの意思表示をする。
読み手が無意識的に世界を物語ることで、世界に意味が生じていくのがおもしろい。


<日本翡翠新製品> 
動物型の精霊ブリンギング・アニマルのことを紹介したのは、
単行本では『宝石伝説郷緇十僉戮最初で、彼らは夢に登場して、
人を助けるための手助けをしたいと言った。
人助けはぼくの仕事ではない、と彼らにいうと、私を知らせてくれるだけでいい、とのことだった。
記事には以下のようにある。
「ただ私を人に知らせてくれればいい。私を見た人々は私に触発される。私は彼らに幸せを運ぶ。
彼らの願いをかなえる。やがて彼らは新しい世界を築く力となるだろう。
私はパワーを汲みだす井戸であり、パワーの世界を映す鏡、パワーの世界とこの世を結ぶ扉である」173。
『宝石伝説郷緇十僉戞碧冥亶男、青弓社)は1993年8月の出版。24年も前の出来事だ。
アニマルは木彫で背中に水晶結晶や黒曜石ヤジリを背負ったものが初代、
つぎにはシルバー製品のピンズやペンダントを作った。
遺跡出土の獣型勾玉の写真を見たときには、1500年前のご先祖たちも
動物型精霊に導かれてスピリチュアルな世界を旅したと知っておおいに喜んだ。
ブリンギング・アニマルや獣型勾玉を手にした人々が、
彼らに触発されて大きな力に向かって歩んでいるよう願っている。
| 新着製品更新記録 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by YK
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kitade.stonesbazar.lolipop.jp/trackback/1233315
<< NEW | TOP | OLD>>