| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
鉱物の話3話・敬意なくして石たちに近付けない  10:07
マウシッシ
<岩と石> 
岩と石の区別は簡単なようで難しい。通常は岩の小さいのが石で、
持ち抱えられるか否かがおおむね分かれ目になる。石と岩の境界はあいまいなので、
そのときどきの気分で岩とよんだり石といっても不便は生じない。
ところがこのあいまいさを鉱物の識別にもちこむと、誤解が生じる場合がある。
鉱物の表現では岩は通常、数種類の鉱物からできているものをいう。
花こう岩はおもに石英・長石・雲母などからなっている。
これに対して鉱物の和名にはトルコ石、電気石など石がつくものが多い。
石灰岩・蛇紋岩・かんらん岩・曹長岩(アルビタイト)などは、それぞれに
石灰石・蛇紋石・かんらん石・曹長石(アルビタイト)が主体の鉱物で幾らかは異種鉱物が混ざっている。
これらを鉱物名で呼ぶ場合は「岩」とはいわずに「石」という。
翡翠(ヒスイ)はヒスイ輝石という輝石類の鉱物を中心に構成された岩石なので、
鉱物学的に翡翠に向き合うときはヒスイ輝石という。どうでもいい話のように思うが。


<鉱物写真と実物の違い> 
翡翠原石の写真を見ながら思う。当然のことだが、自分にはそれぞれの原石の大きさや重さ、
言葉ではあらわしにくい色合いがわかる。人の顔がひとりづつ異なるように
原石は姿形が似ていても質感や石肌のきめが異なる、その微妙な違いもわかる。
でも、翡翠原石を知らない人たちがこれらの写真をみて、なにをどう感じるのだろう。
東京では翡翠原石に触れられる場所は少ない。
ミネラルショーの会場では翡翠のように静かな石との対話は難しい。
そもそも鉱物は自分のコレクションを一人で眺めてはじめて、その素晴らしさがわかる、そういうものだ。
翡翠原石の写真を見て原石たちの手触りを思う。
石たちの息吹のようなものを感じてくれたらと願っているが、
なかなかに難しい願いであることも承知している。


<鉱物産地の特異性> 
日本翡翠はもとよりラピスラズリ、ターコイスのように宝石としての商品価値がある鉱物の多くは、
地図の上に刺したピンのごとくに特定の土地にしか産出しない。
このことを思うたびになんて不思議なことよと驚いてしまう。
鉱物はそれぞれに特定の分子組成からなっている。
鉱物が結晶するには原料成分が必要なのはいうまでもないことで、
地下の、まれには地表のマグマ・熱水・ガスに含まれる分子濃度に加えて、
析出を可能にする温度と圧力、時間が揃わなくてはならない。
人間がそれを採集するとなると、さらなる時間経過のもとに
地下深くから地表近くへ浮上してこなくてはならない。
プレートテクトニクスと大陸移動などさまざまな環境変化をへて、特定鉱物の密度の高い場所が誕生する。
これらはみんな万にひとつ、百万にひとつの偶然が重なった結果であるというのが、
身震いしてしまうほどに途方もないことに思える。敬意なくして石たちに近付けない。
(写真は岩塊状マウシッシ。別名コスモクロア。16kg,240mm 
写真を見ていると石のパワーが腹に積もってくる)

| 新着製品更新記録 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by YK
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kitade.stonesbazar.lolipop.jp/trackback/1233357
<< NEW | TOP | OLD>>