| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
<過ぎてゆく日々のこと>のまとめ  9/04-08 2018 10:33
トマト
★9/04<過ぎてゆく日々のこと> 
朝は起きがけにお湯をわかしてコーヒーを淹れる。
なん歳のときにはじめたのか覚えていない習慣で、
4カップ用のポットのコーヒーを午後早いうちにのんでしまう。
サーバーからコップにそそぎ、クリームを加える習慣も同じように古い。
今朝ははその焦げ茶色した溶液に線をひきながら畳み込まれていくクリームが、
一瞬エンタープライズ号にみえた。目を見張るうちにそれはミヅチに変わった。
気象衛星から撮影した台風の渦巻きのように白い線が流れてカギ爪をかざした龍があらわれ、
みるまに両側から翼がはえて鳳凰になった。
さらにそれは狐のような獣の姿になって混沌のうちへと帰っていった。
こういう日には裏山の木々にひそむ怪獣やら仙人を見たりもする。
余談だがいただきものの栽培キットのトマトにハート型の赤い実がなり、
台風の風がビュンビュンと吹くなかで収穫した。7-18-7


曲がり水晶
★9/07<過ぎてゆく日々のこと> 
ギフトショーという業者向け雑貨の見本市があって、
出展していたなじみの石ヤから「腰曲がり」を買ってきた。
こんなにくっきりとした曲がり水晶は珍しい。
住まいに帰ったら、どうしたことか腰の調子がおかしくて、
ぎっくり腰だが筋違いだか、腰が痛くて曲がらない。
いままで腰に不具合を感じたことは一度もない。
腰曲がりを見つけた日に自分の腰が曲がらなくなったなんて、漫画のようだ。
170mm,192g 8-18-4


ムー
★9/08<過ぎてゆく日々のこと> 
学研発行のスーパー・ミステリー・マガジン『ムー』に久し振りに原稿を書きました。
気付けばいつごろからか、誌名は『MU』から『ムー』に変わり、
発行もとも株式会社学研プラスに社名変更されている。
今回の自分の記事のタイトルは
「天皇の神璽八尺瓊勾玉の謎・三種の神器に宿る神々の霊力とはなにか」とあって、
見出しを見るだけで中身がわかってしまう。
天皇や皇帝専用の印鑑は玉璽(ぎょくじ)、椅子は玉座、と玉(ぎょく)が付いていて、
天皇のお身体を玉体(ぎょくたい)という。
天皇の皇位継承の品、三種神器は神鏡・宝剣・神璽(しんじ、勾玉)からなっていて、
玉体守護のパワーオブジェクトだったというのが記事の粗筋です。
当社ホームページや日本翡翠情報センターHPでおなじみのたくさんの日本翡翠勾玉が掲載されています。

| 過ぎてゆく日々のこと | comments(0) | trackbacks(0) | posted by YK
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kitade.stonesbazar.lolipop.jp/trackback/1233435
<< NEW | TOP | OLD>>