| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
<新着製品> 特製ローズクォーツ勾玉ネックレス、水晶ガマ財神特大  10:17
勾玉ネックレス
<新着製品> 
こまごまとした新着製品ですが、以下6点を更新しました。
 屮▲Ε肇譽奪函薪形垣于湛品/仏像・神獣」に「水晶ガマ財神特大」を1点、
◆屮▲Ε肇譽奪函織▲セサリー/ルース」に「スギライト・ルース4個セット」
「天然石勾玉/勾玉アクセサリー」に「特製ローズクォーツ勾玉ネックレス」を3点。
30mmのローズクォーツ勾玉が5個ついた管玉ネックレスは豪華絢爛、春爛漫の装い
。外出時のアクセサリーには不向きと思いますが、クリエティブなお仕事のパフォーマンス、
自宅での神祭りに有用です。巫女さんの神舞いをイメージして製作しました。


<新着製品> 
ホームページの「天然石勾玉」に「勾玉アクセサリー」というサブカテゴリーを新設して、
「特製ローズクォーツ勾玉ネックレス」を3点新規に掲載しました。
管玉と勾玉の組合わせは弥生・古墳時代の勾玉アクセサリーの基本的な組合わせです。
記紀神話では勾玉というだけで勾玉ネックレスまたはブレスレットを意味しているので、
三種神器の勾玉も単体ではなく、写真のような勾玉ネックレスの可能性があります。
「特製勾玉ネックレス」はPTAの会合向き装いには後ろ指をさされるかもしれません。
さまざまな分野で古代指向がブームになっているので舞台衣装の一部として、
愛用者の個性を引き立てると思います。
神道関係の職業であれば信者のみなさんへ強くアピールする小道具になります。
神道ファンにとっては自宅での瞑想を助け、神々をくっきりと感じるためのアンテナになります。
神や仏はそれらがいま、ここにいることを感じられる存在です。 3-19-1


<新着製品> 
「特製ローズクォーツ勾玉ネックレス」は古い言葉で「五百津之御統珠(いおつのみすまるのたま)」
といいます。五百はたくさんを表し、たくさんの珠を連ねた飾り物という意味です。
白い着物を着て朱の袴をつけ、長い黒髪を首のうしろで麻の緒で束ねた細面の巫女さんが、
額の内側に見えるので、どこのだれだか知らないけれど、そういう人に似合うようにと製作しました。
かつての時代、巫女には神舞いするちに神霊が降りました、憑依ともいいます。
バリ島にはサンヒャンという少女が踊るうちにトランス状態になり、神懸かりする舞踏があります。
古代の形態を残す巫女舞いですが、トランス状態に入りやすいよう
舞踏の前に向精神性植物の煙を嗅がせると聞いています。
翡翠の石笛や銅鐸の音やガムランなど音楽を梯子に神々が地上に降りた時代には、
神々は伝説とか迷信ではなく、れっきとした私たちの祖先であり、
くっきりと感じられる霊として実在していました。3-19-1

勾玉ネックレスはこちらから
| 新着製品更新記録 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by YK
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kitade.stonesbazar.lolipop.jp/trackback/1233540
<< NEW | TOP | OLD>>