| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
<子天狗玄太> 雨ニモ負ケズの本当の作者はだれ?  10:07
水晶クラスター
<子天狗玄太>
「あれって本物なのか?」賢治が帰ったあとで玄太に訊いた。
「うん」と彼は額に皺寄せてうなずいた。「ごめん、おいらが連れてきたみたいだ」
「えっ?」「獣道に獣の臭いが残るみたいに、天狗の通路には天狗の匂いが残る。
チョウチョが飛んだあとに残していく鱗粉みたいだとも言うんだよ。
天狗はそれを読んでどの部族がいつごろそこを通ったかを知るんだけれど、
たまにその匂いに人間の霊が引き寄せられてくる。
そのミヤザワケンジという人は、満月みたいに明るかった。
それにここに来たくて、きっかけを待っていたみたいだ。それでミヤザワケンジって有名人なの?」
「うん、とっても。100年くらい前の人だ。童話や少年向きのお話やちょっと難しい詩をたくさん残した。
彼の童話は子供たちの教科書にのっている。何種類もの絵本にもなっている。
彼は玄太やおれと同じように鉱物ファンでね。お話には鉱物の名前がいっぱい出てくる。
でもそれを理解できる人は少ない。少ないといえば賢治の思いを理解できる人はもっと少ない」
「へえ、すごいんだ」
「だけど、亡霊というのは死にきれずにいる連中だとばかり思っていた。
賢治の霊が迷ったままだなんて、信じられない」
「霊というのは亡霊だけじゃないんだよ。偉大な人とか有名な人は、みんなの心の奥の方で
その人の思い出がひとつにより合わさる。それが霊を生む下地になる。
霊は人間の思いによって育ち、やがて実在感のある霊になるんだ。
家族の誰かがなくなると、家族のみんながその人を恋しがるよね。
その思いが家族の心の奥の方で育って霊になる場合もある。
だから霊というのは迷っている人ばかりじゃない」
「そんな難しいことって、おとうに聞いたのか?」
「違うよ、お師匠に習ったんだ」玄太はてれ笑いした。
「人間たちは霊界についてごく一部を知っているだけだし、それも自分たちが見たいように脚色して、
そうだと思い込んでいるんだって」
「彼はまた来てくれるんだろうか?」「そだね。石に惹かれてまたくるよ」
「<雨ニモ負ケズ>はほんとうに彼が書いたかを訊いてみたい」ぼくはいった。6-19-1
| 日本翡翠情報センター | comments(0) | trackbacks(0) | posted by YK
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kitade.stonesbazar.lolipop.jp/trackback/1233613
<< NEW | TOP | OLD>>