| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
弥生時代の呪術に勾玉文化の背景をよむ(7) 10:06
古代米
古代米
粟黍稗
<勾玉と弥生時代・16>
「(埴原和郎の仮説による)弥生時代初期から奈良時代初期までの千年間に150万人程度の渡来があり、
大きさ地方差はあるものの、奈良時代初期の人口は血統からみて、北アジア系渡来系が8割
あるいはそれ以上、もっと古い時代に日本列島にやってきて土着化していた縄文系(原日本人)が
2割またはそれ以下の比率で混血した可能性が高いという」p73。『人口から読む日本の歴史』
(鬼頭宏、講談社学術文庫、2000)から。ずーっと縄文時代の推定人口の少なさに戸惑っている。
縄文時代は1万〜1万5千年つづいたんだから、発掘される遺跡の数は多く、
遺跡関連の記事を読むと、縄文人はそこらじゅうにいたかに思ってしまう。
でも全然そうじゃなかった。同書には2900年前、縄文晩期の推定人口として
南関東(千葉・埼玉・東京・神奈川)に3800人、畿内(京都・大阪・奈良)に800人、
などの数字がある。縄文時代は東海から東北にかけての東日本で人口密度が高く、
西日本は極度に引くかった。原因は東日本ではコナラ、クリなど暖温帯落葉樹林の木の実に依存出来、
西日本は照葉常緑樹林に覆われて、カシやシイの実あたりしか食用にできなかったためとされている。


<勾玉と弥生時代・17> 
弥生時代の水田稲作の民は、勤勉に働いてたくさんの米を収穫して飢えることなく暮らした。
縄文人たちは彼らに学んで農耕民族へと転嫁していった。原初のヒッピーたちは定職を得た。
こういう図式には為政者たちが意図した差別意識があるし、演出された文明像がある。
実情はぜんぜんそうではなかったらしい。現代の私たちのように、
欲しいだけ米を手に入れられて、余ったら捨てても平気というふうではなかった。
水田稲作と平行して彼らは畑作もしており、狩猟採集にも頼っていた。
米はハレの食べ物、ご馳走で、ふだんは雑穀類や芋などが中心の食生活だった。
というようなことが『日本の古代4 縄文・弥生の生活』(森浩一編、中央公論社、昭和61)に書いてある。
その米も白米中心ではなく写真のような赤米黒米といわれるもので、粒揃いではなかったらしい。


<勾玉と弥生時代・18> 
たまたま知人から日本翡翠原石(糸魚川翡翠)を譲り受けて、他の天然石といっしょに勾玉を制作したら、
意外なほどの人気だった。それから日本の古代史について学びはじめた。
栽培植物がいつ始まったのか、水田稲作の前には焼き畑があったというが、
それがどの地域でどれほどの規模だったのか、いまだに詳しくを知らないままでいる。
石ヤには石ヤの仕事があって、神秘主義ファンには神秘主義の知識を深めたい欲求もある。
それでついつい古代史探求は後回しになる。
それでも文献のなかに粟(アワ)・稗(ひえ)・黍(きび)という単語がでてくるたびに、
それがどういうものか知りたいと思った。いずれも縄文と弥生の境界あたりで列島に持ち込まれた穀物だ。
現物を手に入れてみると、粒の小ささに泡を食った。
農耕生活は大変な大仕事で、狩猟採集民の気楽さをうらやんだ。
彼らとて決して気楽ではなかっただろうけれど。(写真は左からアワ・キビ・ヒエ)

| 過ぎてゆく日々のこと | comments(0) | trackbacks(0) | posted by YK
弥生時代の呪術に勾玉文化の背景をよむ(6)  08:41
アニマル
<勾玉と弥生時代の呪術・12> 
呪術と書くといかがわしくて、祈祷というと高尚な感じがする。
近代合理主義のせいでそのように思い込むよう誘導されているだけのことで、両者に隔たりはない。
呪術も祈祷も向こう側の霊的存在、仏や神々、精霊、霊獣に頼んで、
自分の願いをかなえてもらおうとする技術で、
呪文・真言と神具呪具とイメージ想起力がセットになっている。
世俗の通念のように、呪術は呪術師が念力を飛ばして、依頼人の敵を倒したり、
恋の成就を助けるわけではない。向こう側の精霊なり神なりを揺り動かして、
願いをかなえるよう働いてもらう、そうしたロビー活動みたいな能力が呪力であり
法力、修験の験力だった。密教ではこれを身・口・意という。
印を組むという身体動作、口でとなえる呪文、意識的な神仏のイメージ想起をセットにして
仏や神を自分の身体に招く。呪具神具はイメージ想起の手助けとして有用だった。
こうした呪法の基礎は弥生時代のシャーマンによって構築されたと思っている。 17-2


<勾玉と弥生時代の呪術・13> 
弥生時代、母系社会の男たちを思うと、バリ島やインドの田舎の町の若い男たちが浮かんでくる。
全員がそうというわけではないだろうが、気立てがやさしく覇気に欠けていた男たち。
安ホテルのスタッフには失敗しても悪びれない若者がいた。
彼らをヒントに弥生時代の暮らしぶりを追うと、
そこには「自己責任」という概念がなかったと思えてくる。
現代の日本では、小中高の受験から自己責任にさらされている。
職業の選択とその後の競争が重圧となっている。
結婚相手の選定もフルストレスでハイリスクな問題だ。
政治家たちは企業やメディアと結託して「自己責任」を美化する。
こういうことが弥生時代にはいっさいなかった。
「自己責任」という言葉が重みをますようになったのは君主の登場以降のことと疑っている。
そこでは、君主が家臣を断罪・処分する名目につかわれた。
そのくせ君主は自己責任から免罪されていた
。弥生時代以前の社会では、決断恐怖症といっていいほどに、
だれもが責任をとらなくて済むよう工夫されていたとも思える。
現代人に比べるなら彼らは明日を思い煩うことなく、その日暮らしできたようだ。 17-3


<勾玉と弥生時代の呪術・14>
母系社会を夢想すると、自己責任が育ちにくい構造であることがわかる。
娘たちは自己責任のもとに結婚相手を決める必要がなかった。
婚前交渉の相手を取り替えても非難されなかった。
母子家庭が滅多なことでは生まれない仕組みだった。
夫不在という意味では母系の大家族は母子家庭によって構成されていたともいえる。
職種が細分化されていなかったので男女ともに職業の選択に悩むこともなかった。
呪術は様式と手順をとうとび変化を嫌うので、同じような状況が数百年つづいても、
人々はそれを不便に思わなかった。生産性や効率、時間の有効活用などもさほど考慮されなかった。
大切なのは向こう側の意図に従うことなので、酋長も呪術師も、判断を誤っても、
今の社会のように糾弾されなかっただろう。
決断と責任という重しのない社会では、人々は現代人より気楽に生きられただろうし
、頼りげなく覇気に欠けているのが普通だった。
彼らは現代人より早死にしたが、時間はたっぷりあった。
現代人は心を育てる余裕がない、
彼らの心は小さい、と、いくらかは縄文時代に似た辺境の民の女呪術師が言っている。

| 日本翡翠情報センター | comments(0) | trackbacks(0) | posted by YK
チタンがあってルチルクォーツやチタナイトが生成される  12:42
ルチル結晶
<鉱物標本・ルチル> 
それぞれの鉱物は析出する温度や圧力が決まっている。
地下の熱水中で細い線状のルチルが析出する。水中を漂う糸屑のようだ。
熱水の温度が下がり、水晶が結晶を育てるようになると、
氷が水中の枯れ枝などを包んで厚みを増していくように、水晶にルチルが内包されていく。
それでは単体でのルチルはどのような形なのか、知っている人は少ないのではと思って、
会社資料から探してきた。ルチルは和名を金紅石という。黒っぽくて鈍い金属光沢のある鉱物で、
表面近くに透明な紅色がみえるものがある。
サンルチルとよぶ形状では、ヘマタイトの母岩を軸に、ルチルの板状結晶が放射線状に伸びている。
ルチルは分子的には酸化したチタンのことで酸素をはぎとればチタンを精製できる。
チタンは耐食性と耐熱性が高いので航空機や潜水艦に使用され、自転車やパソコンの筐体(きょうたい)
にも活用されている。生体との親和性がたかいので、人工骨折や歯科のインプラントにも使われる。
映画『X−MEN』のウルヴァリンの指関節から出てくるブレードはチタンベースの超合金なんだろう。


チタナイト
<鉱物標本・チタナイト> 
チタンを含む鉱物にはチタナイト(スフェーン)があって、ルチルとは兄弟姉妹とは思えない形状をしている。
チタナイトはカルシウム+チタン+ケイ酸塩からなっていて、和名は楔(くさび)石。
チタナイトのもうひとつの名称スフェーンはギリシャ語のスフェノス(クサビを意味する)に由来していて、
直訳して和名が誕生した。チタナイトは光の分散率がダイアモンドよりも大きく、光沢も強いため、
カットすれば輝きの強いルースになる。
手元にあるパキスタン産のものは半透明で明るい黄緑色をしている。
濃緑色不透明、菱餅型のものは特殊な形状と思う。
たいがいの鉱物標本は見つけた時に買っておかないと再度巡りあえないことが多い。
サムネール・サイズの小さな標本を売買するには、
買えるときに買えるだけの数量を買っておくことになる。
売れ残りは品切れよりましと思うことで、石ヤ商売は継続していく。
利潤の追及のみではやっていけない仕事のようだ。 9/18/4
ついでにはチタンは日本翡翠・ラベンダージェードの発色成分とされている。
| 新着製品更新記録 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by YK
愛しの鉱物標本たち、倉庫から愛をこめて  08:51
アクアマリン
<鉱物標本> 
倉庫でウォーターオパールの原石を探していて、蝕像したアクアマリンをみつけた。
20-30ミリの大きさ、透明度の高い淡い水色、火山弾に含まれるガラスならこんなふうだろう
と思えるように、全体がイガイガしている。
アクアマリンが結晶したあとで腐食性物質を含んだ熱水が結晶を洗う。
そうして腐食されたものだという。チャック付きのビニールの小袋に入っていて50個ほどある。
どこから来たかを思い出すのに少し時間がかかった。
20年ほど前にブラジルの小さな鉱物標本を専門に扱う業者から仕入れたもので、彼はすでに他界している。
小売値で2000-3000円の製品は当時のカタログには掲載しづらかった。それでそのままになっていた。
ワイヤーで巻くなり、片穴あけてヒートンを付ければワイルドなペンダントになる。
サムネールボックスに加えるならコレクションはいっそう優雅になる、
などと思いながら倉庫から持ち帰った。眺めていると頭のなかが涼しくなっていく。9-18-1


巻貝化石
<鉱物標本> 
鉱物標本の大きさ区分のひとつにサムネールサイズというのがある。
親指の爪大の標本を専用の透明プラスチックボックスにミネラルタックという硬化しにくい粘土で
固定する。たくさんをコレクションしても場所をとらない、価格も手頃なので、
日本人向きと思って、サムネールボックス・コレクションの収集販売に力をいれてきた。
たくさんの利益を生む仕事にも思えなかったので、社会貢献みたいなつもりもあった。
当時の在庫がいまもたくさん残っている。そのうちのひとつがこの巻き貝の化石。
絶滅期のアンモナイトには異常巻して異様な形状をしたものがある。
このインドネシア産の巻き貝も巻くべきところがほどけてしまっていて非常に珍しい。
メノウの化石と聞いていたのだが、久し振りにみるとオパール化しているようにみえなくもない。
これらの化石は地球に辛い時期があったことを知らしめている。9-18-1


トルマリン
<鉱物標本> 
いつか店に持っていこうと思って、機会を逸していたトルマリンの結晶2本を、
ふと気になってストックボックスからだしてきた。
数千万年だか数億年だかの時の経過などものともせず、できたてほやほやのようにピカピカだった。
この2本のトルマリンは長さ70mm以上のものが一挙に20数本、
ひとつの晶洞から採掘されたという記録破りの代物だった。
もう、まったく気が遠くなるような話だ。
20年ほど前にパキスタン人のディーラーからまとめて仕入れた。
当時買ってくれたお客さんには嬉しい話、いまでは価値は2倍以上になっている。
トルマリンは鉱物ファンにはもっとも人気のある鉱物で、購読をやめてしまったが
『ミネラロジカルレコード』という鉱物専門誌ではしばしば特集されていた。
若いコレクターたちはお金持ちになって1本数十万円のトルマリンを入手することを夢見る。
これら緑やピンクのトルマリンはリチウムを含み、やや専門的にはエルバイトという。
写真上が55g,82mm、下が39g,83mm、凄いものといっしょにいられる愉悦を楽しめる。9-18-2
| 新着製品更新記録 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by YK
<過ぎてゆく日々のこと>のまとめ  9/18−20 2018 08:40
ワレモコウ
もも
★9/18<過ぎてゆく日々のこと>  
花壇の半分はそこらの野原と変わらない。生け垣の根が土の下を占拠していて耕せない。
成り行きまかせで夏草が茂っている。
そこにワレモコウが咲いて、キンモクセイが香るようになると秋も本番になる。
日が暮れるのが早くなって夕暮れには空がサルバドール・ダリする。


★9/18<過ぎてゆく日々のこと>  
知り合いのフェイスブックにちょっとセクシーで大きな桃のイラストがでていた。
子之神社でいただいてきた大きな桃の土鈴お守りを庭に持ち出して、真似っ子してみた。


★9/20<過ぎてゆく日々のこと> 
日本翡翠情報センターのブログの管理者ページでは、
前日のアクセス数など、いろいろなデータを見られるようになっていて、
そこに「ブログをはじめた日 2009/01/09( 9年と256日)」とあり、
「いままでに書いた記事 987件」とある。
もうすぐ1000件ということで、ここには自分の60代の足跡が残っている。
レンタルの契約を解消すると、その途端に全部が消えてしまうというのがエキサイティングだ。
アーカイブで去年の9月をみると、11日に杉並区西荻窪にあった実店舗は閉店したとあって、
その後はサーンキヤ関連の記事がつづいている。
撤退してから以降一度も西荻窪や吉祥寺に行っていない。
毎日なにかしらをやって過ごしてきたわけで、丸1日を捨ててしまうようなことは一度もなかった。
それなのに時の移ろいは早く、日々がビュンビュンと過ぎてゆく。


★9/21<過ぎてゆく日々のこと> 
夏が終わり秋の長雨の日々がつづいている。
「サバンナに雨期がきました」とテレビの野生番組に告げられているようなもので、
やがてそれも終わり、青空も秋の色になる。
その日が来るのが待ち遠しいともいいきれない。きょうはきょうのままでいいようにも思う。
ホームページに掲載する製品を選んだり撮影したりコメントを書いたりする合間合間に、
<子天狗>の話のつづきを考えている。
小天狗は天狗カーストの下位にあって、サイズが小さく、カラス顔している。
大天狗は鳶(トビ)の顔だったり、鼻が高々と長い。
子天狗は大天狗の子供で、小天狗ではない。
龍蔵神社の女神が目覚めて子天狗に話しかける。
女神は乙姫さまなんだけれど、か弱いキャラは嫌だなあと思っていた。
フェイスブックのバーチャルなお友だちリストに、
ポニーテール風の可愛いイラストのアイコンを見つけて、けっこう勝ち気なキャラが生まれた。
おまけに彼女は敵をあやつる魔法の勾玉を持っている。
おもしろくなりそうだ。5-18-2
| 過ぎてゆく日々のこと | comments(0) | trackbacks(0) | posted by YK
当社特選アイテムはヒマラヤ水晶、金香玉、日本翡翠 09:43
ヒマラヤ水晶
<新着製品> 
「アウトレット/天然石製品]に以下の水晶製品を新規に掲載しました。
.劵泪薀篆緇輯殍瓩3点。ヒマラヤ山脈の西 端、パキスタンのカラコルム山脈で採掘された
ヒマラヤ水晶原石の丸磨きです。窓辺に飾って邪気祓いにする。
事務所の机に飾って「気」を浄化する、などさまざまに活用できます。
▲屮薀献觧左鏡个ら製作した水晶球3点。クラックがあったり内包物のある水晶球には
味わい深いものがあります。クラック(ひびわれ)に空気の薄膜がはって、
光線がプリズムのように分光されて虹がうまれるのがレインボー水晶。
水晶の中に封入された物語を読むようで、眺めていると嬉し楽しい気持ちになれます。
水晶の「気」を額から入れて胸の中心に下ろすよう練習すると、
胸の中心に宿る真珠を見られるようになります。
6センチほどの大きさの水晶製龍彫刻4点。龍は「気・パワー」の権化。
龍について瞑想するならパワーの本質を理解しやすくなるといわれています。
パワーについての理解を深め、パワーを操作する技を学ぶことで、
自分をより強大な存在へとパワーアップできていきます。
アウトレット価格での販売は超がつくほどにお得です。


金香玉猫
「アウトレット/天然石製品]に金香玉製品を3種新規に追加しました。
猫が2種類と亀が1種です。金香玉は雲南省に産出します。福禄寿の三拍子揃った守護石です。
本場中国や台湾でも珍しい石らしく、名前は知っていても現物をみたことがない人が多いと聞いています。
金香玉はカエデなどの樹木が石灰質に置き換わった化石です。
採掘したての原石は甘いシロップのような香りがするので、色合いとあいまって金香玉とよばれてます。
残念なことにこの香りは長期間空気にさらしたり、加工の過程で大量の水に洗われて消えてしまいます。
蜜蝋の手触りのする魅力的なパワーストーンです。
亀は金運を運んできます。北の霊獣玄武は亀にあやかり、北が水を支配することから
亀は豊作・繁栄・長寿のシンボルとなりました。
中国語でも亀とお金をためる「瓶(カメ)」は同じ発音で、
亀を可愛がるとお金持ちになれるとされています。
猫は招き猫の由来のように、未来を予知して災いを察知する能力の高さがかわれています。9-18-1


日本翡翠ブレス
<新着製品> 
「日本翡翠ブレスレット/バーゲン品]に日本翡翠8mm玉ブレスレットを12点掲載しました。
お好きな製品を選んでいただけます。新潟県糸魚川産翡翠原石(糸魚川翡翠)を使用しています。
どの製品もわけあり品ではなく、通常価格で販売して問題のない製品です。
お客さまへの感謝セールのいっかんとしての半額セールです。
翡翠の基本色は白でオンファサイトや鉄分など、いろいろな鉱物が混ざることで
緑や藤色、青、黒などに発色します。
明るい灰色ベースの色合いは国産翡翠では一番ベーシックな色味です。
日本を代表する「国の石」に選ばれた翡翠は「和」のパワーストーン、
人との出会いをうまがすといいます。9-18-1
| 新着製品更新記録 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by YK
『ある世捨て人の物語』と隠遁について  08:37
ピクチャーストーン
<読書記録> 
『ある世捨て人の物語』(マイケル・フィンケル、宇丹貴代実訳、河出書房新社、2018)という本を読んだ。
サブタイトルに「誰にも知られず森で27年間暮らした男」とある。
舞台は現代のアメリカ、ニューヨークの北のほう、メイン州のオーガスタ近く、
ノースポンドという湖に接した別荘地、森にひとりで隠れ住んで、必要なものはみんな、
食べ物も衣服も電池も、石鹸やトイレットペーパーも、空き巣狙いでまかなって、
人とは一切交流しないで、まったき孤独のうちに、27年間すごした男のドキュメント。
よほど常軌を逸していて、社会に適応できない人物でないとこういうことはできない。
著者はこの男と何度か面会して、周辺の人たちを丹念に取材して、このドキュメントを書いたのだけれど、
男の肖像は隠者と変人の間をいったりきたり。これまでの隠遁者は、脱社会を名乗りながらも、
寒山拾得のように岩に詩を書いて自己主張したり、世間に戻って本を書いたりと、
説教好きな人が多かった。でも、この本の男は世間向けのメッセージを持っていない。
ただ世の人々と交わりたくない一心で森に隠れてきた。泥棒の現行犯で逮捕されて、半年ほど勾留されて、
その後世間に戻ったが、50歳近くになって社会人となった姿は少しも幸せそうではない。
孤独と社会への適応ということについて考えている。


<過ぎてゆく日々のこと> 
『ある世捨て人の物語』で出会う隠者という存在は、こちら側の物質文明に背を向けることで
可能になる(と彼らが信じている)意識の豊穣さを求める人たちをいう。
隠者となるには社会に適応しにくい性向であることが重要で、
日常的世界に適応できているのであれば、わざわざ隠遁しようなどと考えない。
隠者と適応障害の関連は精神世界に関心を抱く人々には興味深いテーマである。
周囲に適応することに困難を感じている人たちにとっては、適応障害を問うのは切実なテーマでもある。
ペンジュラムテーブルの5段階評価を思い出して、VERYGOOD・上手に適応できている、
GOOD・まあまあうまくやっている、OK・とくに問題ない、BAD・よくトラブル、
VERYBAD・全然適応できない、に分けて自己評価してみる。
精神世界の極北には神秘主義的思想があって、ブッダや老子に代表されるように、
こちら側の日常的世界には適応しなければならないほどの価値はないとみて、
これを超えていく道を示唆してきた。
こちら側の世界に無理して適応しなくてもいいんだと思うと、気持ちが楽になる。


<過ぎてゆく日々のこと> 
ある世捨て人のこと。人間関係にわずらわされるのが嫌で町中を離れた。
浮き世と隔絶した山の中の湖のほとりに隠れて何年もたつ。
孤独が身を切るようにつらいときがある、
それでも孤独に耐えやすい性格なのか、なんとかやりすごしてきた。
夏の夜、衣服を脱いで湖に入り、あお向けに水面に浮く。
見上げれば満天の星。身体が水とひとつになり、やがて天空とひとつになる。
宇宙は喜悦に満ちている。
どくどくとあふれる歓喜が宇宙の本質であり自分の本質でもあると思う。
| 過ぎてゆく日々のこと | comments(0) | trackbacks(0) | posted by YK
<< | 2/144 | >>