| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
天狗との会話、水晶は地下深くの空洞で結晶する 10:14
水晶ポイント
<子天狗の話> 
「ほらっ」と言って、玄太が水晶のポイントを3本さしだす。
7、8センチの大きさで太さが3センチほど。ポイントにはダメージがなく垂面もくっきりとしている。
2本には、角閃石だかトルマリンだかの針状結晶が内包されている。
「きれいな水晶だ。どうしたの?」「おとうといっしょに水晶掘りに行ってきた」
「へっえ、すごいな、塩山じゃあ、いまでもこんなに立派な水晶が採れるの?」
「よく塩山だってわかるね」
「うん、この針みたいなものが入ったのはススキ入り水晶といって、このあたりでは塩山の特産なんだ」
「おとうは人間たちが知らない場所だといっていた。水晶のある場所って、
こいうふうに目をすがめて忍びよりすると白く光って見えるんだよ」玄太は顎をあげ眼を半眼にする。
「おまんじゅうみたいに白い光が盛り上がるんだ。きれいでね。その下を掘ると水晶がある」
そうか、天狗の子供にはパワーが見えるらしい。その様子は蜂が紫外線を見えるのと似ているんだろう。


ルチルクォーツ勾玉
<子天狗の話>
「この中にはススキが入っているの?」玄太がいう。
「いやいや、ススキのように見えるっていうだけで、本物のススキが入っているわけじゃない」
「じゃあ、何が入っているの?」
「塩山のススキ入りはふつうはトルマリンといわれている。
植物や動物がいない地下深くで結晶するんだ。しかも大昔に」「どうやって?」
「うーん、説明するのが難しいよ。コップに塩水を入れてそのなかで岩塩が結晶するという
実験をしたことがあるかい?」「ない」
「そうか。霜柱があるだろ、あれは水が結晶して氷になったものだ」「うん」
「同じように水晶はケイ酸という物質が、ケイ酸分をたくさん含んだ熱い水のなかで結晶することでできる」
「ふーん、で、結晶って?」
「ここらにある木の机や陶器のコップや石ころや草や、
そういうモノはみんな基本的な物質が集まってできている。
そういう基本的な物質のことを分子とか原子という。
分子には同じものが手を取り合って集まるという習性があって、そうしてできたものが結晶なんだ」
 (写真はルチル入り丸玉、ルチルは酸化チタンの結晶)015


<子天狗の話>
「へーえ、水晶はそのケイ酸というものの結晶なんだ」「そのとおり」
「じゃあなんでススキが入るの?」
「おまえの質問は鋭いね。いろいろな分子があって結晶を始めるには地下の空間にたまった熱水、
まあ、ガスの場合もあるけど、熱水の分子の濃度や水温、圧力が影響する。
それぞれの鉱物が結晶化するための熱や圧力が決まっているんだ。
熱水のなかで最初にトルマリンが針状の結晶を成長させるとするよね。
そのあと熱水の温度が下がるなどして水晶が結晶を始めると、
水晶はトルマリンを取り込んで結晶を成長させるというわけだ。
いまでは水晶は土砂に埋もれているから土の中でできたみたいだけれど、
もとは地下深くの空洞にたまった、とても熱い水の中でできるんだ。
長い年月のうちに地表近くへと持ち上げられてきて、人間に発見されるというわけだよ」
「これがそれ」と玄太はいって、自分で採集してきた水晶を見る。しげしげと見つめる。
「玄太っていくつだ?」ぼくは聞く。
「人間でいうと20歳くらいかな。天狗はゆっくり成長して長生きするんだ」17-1
| 過ぎてゆく日々のこと | comments(0) | trackbacks(0) | posted by YK
小さいのや大きいのたくさんの神さまがいた時代 08:40
スモーキークォーツ
<読書記録> 
『ヴォイス 西のはての年代記供戞淵襦瓮哀Εン、谷垣暁美訳、河出書房新社、2007)を読了。
架空の大陸の西の果て地方の南のほうにアンサルという町があって、
そこにメマーという少女が住んでいる。
『西のはての年代記』第1巻から20年ほど経っていて、
第一巻の主人公だったオレックとダライがこの町を訪ねてメマーと出会う。
物語はのっけからおもしろく、ページを繰るごとにさらにおもしろくなっていった。
良寛の歌に好物のザクロを食べる歌がある。
もらいもののザクロを最初は指でほぐして一粒づつ食べる。
そのうちかぶりつき、あとは夢中で平らげる。そんなふうだった。
著者にはメマーが暮らす館や、館のあちこちにいる小さな神々、
日本風にいうなら竈や井戸や敷居の神々や、アンサルという町の繁華街などなど、
自分で思い描いた風景がみんな見えているらしい。驚きつつ本を置いた。


<過ぎてゆく日々のこと> 
子供だったころ家の中や近所には小さいのや大きいのや威張ったのや静かなのや、
たくさんの神様がいた。
井戸や竈には小さな神様がいてけがすようなことをしてはいけなかった。
敷居の神様は踏まれることが嫌いだった。
家の裏てには10畳ほどの境内を持った社(やしろ)があり、近くの辻にも地蔵を祀る祠があった。
社では年に1度か2度、夜通しかがり火を焚いて神事がおこなわれた。
お地蔵さん近くの家では老婆が集って御詠歌をうたった。
家から5分も歩けば大きな石の鳥居のあるお寺があって立派な鐘突き堂があった。
鳥居は寺院に併設された神社のものだったけれど、子供心には鳥居はお寺の門と思いこんでいた。
大人になって、たくさんの神様が町なかにいて人々と共存している風景にネパールで出会った。
夕暮れにはバターランプと線香がまざりあった匂いが路地をみたし、
祠の入り口の鐘が鳴らされつづけた。
同じような風景がル=グウィンの『ヴォイス・西のはての年代記供戮砲鷲舛れていて
心の故郷に戻ったような気持ちがした。


<読書記録> 
『パワー 西のはての年代記掘戞淵襦瓮哀Εン、谷垣暁美訳、河出書房新社、2008) 
一日のうちの長い時間を、病人のように布団にあお向けに寝て本書を読んですごした。
平均的な四六版2冊分ほどに厚い本だった。
架空の大陸の西のはずれ、南のほうで語り手は幼児のころ姉とともにさらわれて、
北と南の中間あたりの国に奴隷として売られて育つ。
姉が支配者の息子に殺されてしまい、自己喪失した語り手は意図せずに逃亡奴隷になる。
ここまでが物語の半分くらいで、ここから本書は手放しがたくなる。
昔からSFには定型化した褒め言葉がある。
本書を読めたのは大きな幸福であり、本書を読んでしまったのは大きな不幸だ。
とそういうシリーズだった。
ひとつの文化圏、大陸、惑星、あるいは星系などを想像して、
サファリパークで動物を放し飼いするように登場人物を置く。そうやって物語が進んでいく。
ル=グウィン(1929-2018)のような作家には特殊な映像記憶能力・ピクチャーメモリーがあるんだろう。
語られる世界はとてもリアルだ。
ファンタジーとミステリー、空想と現実、という分類法があるし、
小説は架空の話だから読まないという人もいる。
現実が自分の脳によって認知・再構成された世界である以上、
現実もまた夢想だということに気付くのは難しいかもしれない。
(エレスチャルやスモーキーに眼をむけると別の土地に入っていける)017/3
| 過ぎてゆく日々のこと | comments(0) | trackbacks(0) | posted by YK
日本翡翠情報センターHP「玉と翡翠」のページを更新  10:33
白玉
<日本翡翠情報センター>HP「玉と翡翠」のページを更新しました。
長く放置したままで気になっていたのですが、
このたびやっと、写真15点と原稿を加えて、ページを埋めることができました。
日本の神話伝説には正体や素材がはっきりしないたくさんの「玉(たま)」がでてきます。
それと同じで中華4千年(殷あたりから数えて)の歴史をつうじて宝物として扱われてきた玉(ぎょく)も、
日本人には理解しがたいままになっています。玉(ぎょく)は宝石という意味で、
透明宝石をありがたがった西欧に対して、中国では半透明で人肌に似た繊細緻密な鉱物が好まれてきました。
至高の玉とされてきたのが白玉(はくぎょく)で鉱物的には白色のネフライトをさします。
ミャンマー産翡翠を中国人が知ったのは18世紀以降のことで、翡翠も玉の仲間入りをして、
白玉と同じ地位をしめるようになりました。日本ではなかなか白玉に親しむ機会がありません。


<日本翡翠情報センター>HP「玉と翡翠」の更新に関連して、
ネフライト系の玉(ぎょく)について、もう少し話を進めたいが日本では、
白玉(はくぎょく)や古来からの玉彫刻に関心を持つ人はまれだ。
けれど中華文化圏では復古趣味もあって玉製品に注がれる視線がさめることはない。
鎌倉から江戸時代にかけて玉(ぎょく)を輸入する機会はいくらでもあっただろうに、
知識人たちは山水画や書に夢中になっても石製品に眼がいくことはなかった。
彼らは石を見ることを知らなかった。その影響が今日にもつづいている。
中国では白玉専門のオークション・カタログが発行されている。
香港ではササビーズやクリスティーズといった大手オークション会社が玉専門のカタログを発行している。
ぼく自身は香港の博物館で2度3度と白玉製品を見るうちに白い魔力を知った。
羊の脂味といわれる白くて半透明の色合いはながめるほどに官能的で、
向こう側へと運ばれていく感触がある。5-18-2


★6/03<日本翡翠情報センター>(玉・ネフライトと翡翠・ジェダイト)
鉱物学はわからないことだらけであるけれど、熱水の温度の関係で、
水晶の結晶が顕微鏡サイズに極微となって集積するとメノウとなるように、
ネフライト(軟玉翡翠)はトレモライト(透閃石)やアクチノライト(透緑閃石、緑閃石)の
極微の結晶からなっている。鉱物として産出するアクチノライトの多くは針状、
またはシャープペンシルの芯のような極細の棒状結晶が多数集って塊状となっている。
日本翡翠の原産地糸魚川地方でも採集できる。
ミネラルショーなどで長い間探してきたけれどトレモライトの純白針状ないし
極細棒状の結晶は見つけられないでいる。
液体のなかから固体である結晶ができてくることを析出という。
温度や圧力など、それぞれの鉱物の析出の条件があるのだけれど、
専門的に勉強しないと知ることができない。
それに角閃石は分類があまりに多彩でシロウトには全貌を理解できない。
それでも大きな神秘と驚異がネフライトやジェダイトにはある。

| 日本翡翠情報センター | comments(0) | trackbacks(0) | posted by YK
ブーム再燃のトルマリン・ネックレスもアウトレット価格   10:30
リアルガー(鶏冠石)
<天然石新製品> 
ホームページにトルマリン・ネックレスを8本、新規掲載しました。
色彩が踊る楽しげなネックレスです。
トルマリンは色合いの多彩さで世界中の天然石ファンを魅了してやまない宝石。
マルチカラーのビーズは彩り豊かな野菜を混ぜたようなので、サラダ・トルマリンとよばれたりします。
トルマリンは和名を電気石というように、電気的特質によってマイナス・イオンを発生させる効力が高く、
分子レベルで生体の細胞・血液を元気づけ、健康を増進してくれるといわれてきました。
つまりは元気も綺麗も一挙両得という嬉しい宝石です。
トルマリン製品は手元にあるだけで、霧がはれて青空が広がるような明るい気持ちになれます。
旧来のストックなので定価の半額にしました。
トルマリン・ネックレスといっしょにスピネルやネフライトのネックレスも掲載しました。5/18/3


トルマリン・ネックレス
<天然石新製品> 
トルマリン人気が再燃中といいます。とはいっても前回ブームは20年ほど前のことなので、
世代によっては知らない出来事になります。
その時代、書店ではトルマリンの健康効果をうたう実用書が山積みされ、
ドラッグストアでも黒い原石が販売されていました。
その理由はトルマリン特有の電磁気効果と遠赤外線効果にありました。
両者があいまってマイナスイオンを発生させる。
血行がよくなり新陳代謝もたかまって、身体が内側から元気になる、
美容効果も大きいと話題になったのです。
当社でも浴槽に沈めて使用するブラック・トルマリン原石や、
マルチカラーのトルマリン・アクセサリーが大人気でした。
以来ずーっと山の家ではトルマリン風呂に入っています。


ルビー・サファイア・エメラルド
<天然石新製品> 
ホームページ「アウトレット/アクセサリー」に、
ルビー・サファイア・エメラルドと3大宝石を用いた豪華なネックレスを掲載しました。
ビーズは約5mm、全長46cmと使いやすい長さです。
赤がルビー、緑はエメラルド、青〜透明はサファイア。
三大宝石が集うことで生まれる色彩のハーモニーは天界の宮殿の玄関の飾りのよう。
明るく気品があってあでやかなのに派手過ぎず、シックでゴージャスです。
以前は眺めるだけであきらめていた高価な宝石が、近年では随分と気楽に購入できるようになっています。
しかも旧来のストックなのでアウトレット価格を定価の半額にしました。
売り切れてしまう前にお申し込みください。5/18/3
| 新着製品更新記録 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by YK
<過ぎてゆく日々のこと>のまとめ 5/19-27 2018 08:40
ピクチャーストーン丸玉
ピクチャーストーン丸玉
★5/19<過ぎてゆく日々のこと> 
ことのほかファンでいるのだが、世間的にはさほど人気がないアイテムに
ピクチャーストーン丸玉というのがある。
人類が誕生する以前の時代、精霊たちがおだやかに暮らしていた時代があった。
彼らのなかに絵描きの精霊がいて彼/彼女たちは、やがて来る人類がそれに気付くことを見越して
石の中に絵を描き残していった。あるいは自分たちの楽しみで。
あまりにも昔のことだし、精霊にも寿命があるので、彼らはもういない。
石に彫りこまれた入れ墨は、芯の芯まで墨が入っていて途切れることがなく、
切断面をかえるだけで図柄が変化する多元絵画となっている。
ひとつの球体に千の図柄が埋もれているなんて人知では理解かなわぬ技ではある。 3-18-3


★5/26<過ぎてゆく日々のこと> 
カラスがなにやら白いものをくわえて丘陵の茂みに入っていく。
可愛い子たちを夢見て巣作りに忙しいのだろうか。
アジアのモンスーンの匂いがする空気のなかでは時の流れが止まってしまう。
カラスだって止まれと命じるなら、空中に静止する勢いだ。
雨は降りそうで降らず、空は薄雲におおわれて乳白色に光っている。
遠くの道路をゆく車列のくぐもった音が丘陵の樹影を洗う。
頭のなかではあれをやってこれれもやってと、頼みもしない秘書のスケジュール管理が忙しい。
今日の予定ではアンバーやラリマーのルースを撮影して、
ホームページ掲載用のコメントを書くことになっている。


★5/27<過ぎてゆく日々のこと> 
午前10時の日差しのなかで丘陵の緑が濃い。
チューブから出した絵の具を指に盛ってキャンパスに塗りつけたかのように、
マラカイト色したりエピドート色、ペリドット色した木々がそれぞれに茂みを作り、
緑の塊となって陰影をきわだたせている。
そのどこかでホトトギスがしきりと鳴いている。
ホトトギスがつづけて鳴くと心穏やかではいられなくなる。
夏が押し寄せてくる気配に身体が押される。
夏が来るからといって特別な褒美があるわけではない。
去年や一昨年(おととし)と同じでカエルのように背中を汗でぬらして暑さにめげる、
そうした日々があるばかりなのに、いまの季節の夏が来るという感触には特別なありがたみがある。
夏がくればそこらじゅう全部が南の島と化して、
生きていることの哀しさから解放されるかもしれない。
身体がおおきなものへと溶けていく官能性がひろがる。
その彼方に天国の門がみえる。

| 過ぎてゆく日々のこと | comments(0) | trackbacks(0) | posted by YK
天狗もキツネも天然石も敬意を抱いてせっする 10:12
日本翡翠本勾玉<天狗の話> 
随分と以前のこと、サーンキヤという古代インドの思想体系に熱中した時期があった。
眼鏡を新調すると、眼にするものことごとくにピントがあって、周囲がくっきりはっきりしてくる、
そんなようにサーンキヤ眼鏡で世の中をみることがおもしろくてしかたなかった。
その時期、原稿を書いたりメモを作ったりしていてふときづくと、
ついさっき観音を着ていたと感じたことが何度かあった。
アステカの神官がヒョウや人間の毛皮を頭からかぶって上半身を覆うように観音菩薩を着る。
歓喜渦巻く法悦からはほど遠く、ただそういう体験をしたというそれだけのものだったが、
サーンキヤについて観音の同意を得られたようで嬉しかった。
「憑く」というのはそんなふうで、ダウンベストを着るように
身体に自分のとは異なる霊体を付けることであるらしい。
神霊が付けば暖かく厳かだったり、香しかったりするが、
亡霊や下卑た動物霊が憑いたりしたら、おもだるく、うっとおしく、やるせなくてやりきれない。
パワーストーンのパワーを身体に付ける感触は憑霊とはだいぶ違う。
眼から下腹に石の気、ないし気配が降りてくる。水に砂糖水をまぜると微妙なさざ波模様が見られる、
そんなふうにそれは下腹にたまっていく。
そのパワーはてのひらから出すこともできる。練習すれば誰にでもできる。
(写真は日本翡翠原石、石や木を人のように見なして向き合うと「気」がわかる。)3-18-3


豊川稲荷
<天狗の話> 
以前月ごとにひとりづつ霊能力者を取材していて聞いた話だが、
憑霊には憑かれる側と憑く側にそれぞれの理由がある。
プロの霊媒は開いたり閉じたりできる霊媒チャンネルをもっている。
にわか霊媒とか霊媒体質の人たちは開きっぱなしで閉じ方を知らない。
人生が思うようにいかなかったり寂しかったりすると、誰かにかまってもらいたい思いが強まる。
そいう時期に霊に憑かれることが多いという。憑くほうの霊にも様々な事情がある。
死に切れていないと毎日が辛い、助けてくれそうだったり自分のことをわかってくれそうな人を見つけて、
その人に私に気付いてくださいといって憑く。
寄る辺がなく心許無いキツネ、タヌキも事情は同じだ。
たとえば稲荷は熱心に信仰すると眷属のキツネ霊を一体貸与してくれる。
願望成就の折にはお礼参りしてキツネ霊を返さなくてはいけない。
おこたるとキツネ霊は帰るに帰れず行き場を失う。
そうやって信者の祖父が死亡して信仰が中断した家庭では、キツネ霊は野狐になって、
いくらか霊的感性がある息子の嫁とか孫を選んで憑く。
憑かれた本人は肩に霊を背負って重く息苦しくやるせない。
心は病んで精神病類似の症状を訴える。
病院へいくとなにがしかの病名とたくさんの薬が処方されることになる。
(写真は豊川稲荷の奉納されたキツネ像。願いかなった信者が返礼していく)hp用015

| 過ぎてゆく日々のこと | comments(0) | trackbacks(0) | posted by YK
HPのアウトレット・ページでは天然石ネックレスが増殖中  09:15
水晶勾玉ネックレス
<天然石新製品> 
神事に使える勾玉付きネックレスの3本めは、水晶6mm玉がベースで約20mmの特注勾玉が5個付いた
卑弥呼的ハイパワーのネックレスです。水晶は霊的浄化力が高く、
土地や家、人のけがれを祓い清める天然石としてよく知られています。
魔除け厄除けして開運するためのパワーストーンです。
他者からの邪気邪念を受けやすい、土地の不浄な気に影響されやすい、
あるいは遺伝的な心霊能力がある方には邪気を祓う効力が高いと思われます。
HP「アウトレット・アクセサリー」に掲載しました。 5-18-3


アンバーネックレス
<新着製品>
天然石ビーズの人気が高まっている、そんな気配があります。
念のために書いておくなら、天然石ビーズは通常40センチ、16インチを単位に紐で通したものを
1連として業者間で取引します。10連ほどまとめたビーズをザラザラとテーブルの上にひろげると、
気分はアリババと40人の盗賊となって、こんなにたくさん宝物ビーズがあるんだから、
ネックレスは人気がでるに違いないと思うわけです。
外出時にちょっと胸元が寂しいと感じる時、ネックレスを付けるとたちまちにあでやかになって、
気持ちもはなやぎます。そういう楽しさに気付けるなら、
天然石ビーズのネックレスは5本あっても6本あっても苦になりません。
マッチ・マッチ・モアの気分で、
HPアウトレット・ページではネックレスを増やしていく所存です。5/18/1


ルビー・サファイア・エメラルド
<過ぎてゆく日々のこと> 
昨日は一日がかりでアウトレット用ネックレスを撮影した。
ルビー・サファイア・エメラルドのネックレスに久々に触れることができて嬉しかった。
ルビー・サファイア・エメラルド。この言葉にはマントラのような響きがある。
17、8歳のころの短い一時期、文庫サイズの宝石テーマのカラーブックスに惹かれていた。
そこにはルビー・サファイア・エメラルドがあった。印刷のけばけばしい本だったが、
透明なのに色彩がきわだっている不思議さに胸がさわいだ。そういう色彩は絵の具にはなかった。
石ヤになってだいぶ経ってから天然石のビーズを扱うようになり、
ルビー・サファイア・エメラルドのビーズを見つけて、
幼いころから石ヤになりたがっていたかも知れなかったことに気付いた。
ルビー・サファイア・エメラルドと3回ほどとなえると、なんだか満ち足りた気分になれる。 5-18-3
「アウトレット・ページ」のネックレスを見るにはここをクリック

| 新着製品更新記録 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by YK
<< | 2/135 | >>